MENU

COLUMN

column_capli_img01

“Starry Island, Starry Capri” Short stories of Capri

タグ:
KNOWLEDGE

2019 Summerキャンペーン “Starry Island, Starry Capri”の舞台は、イタリア南部ナポリから南へ約30km、青の洞窟で有名な紺碧(こんぺき)のティレニア海に浮かぶ「カプリ島」。
ちょうど、東京都の千代田区と同じ位の面積の小さな島は、美しい景観と温暖な気候から、歴代の古代ローマ皇帝も別荘を築いた世界有数のリゾートアイランド。古代ローマ皇帝ティベリウス帝が愛してやまなかったともいわれています。崖の上の別荘から見たナポリ方向に沈む夕日とソレント方向に出る朝日。そしてその間を彩る満天の星空は、ローマ時代から今も変らず輝き続けています。
時代を越えて人を惹きつける「カプリ島」、行きたい旅先リストに加えて見ては如何でしょうか。

青の洞窟

やっぱり一生に一度は見たい「青の洞窟」

夏が観光のベストシーズンといわれる「青の洞窟」は、断崖絶壁にわずかに開いた入り口から内部に入ると、外から洞窟内に差し込む光によって、幻想的で美しく深いブルーの輝きに包まれます。
暗闇の中で青く光り輝く景色は「一生に一度は見たい絶景」と評され、世界中から観光客が訪れる人気スポット。古代ローマ時代にすでに発見されていて、皇帝達がプライベートプールとして愛用していたともいわれています。それを実証するように、海底からはポセイドンの石像が見つかっているそうです。

※イタリア観光局によると、カプリ島周辺の天候が安定する6~8月は8~9割の高確率で洞窟に入ることができるとのこと。美しい青の洞窟を見るためには6~8月に行くことをおすすめします!

レモン

降りそそぐ太陽とレモンの香りに誘われて

この夏の季節にピッタリな爽やかなリキュールをご紹介します。
カプリ島はイタリア有数のレモンの産地としても有名で、代表的なお土産として、甘くてほろにがいレモンのリキュール「リモンチェッロ」が人気です。カプリ島を歩くと白壁の小さなお店に黄色のリモンチェッロがかわいく並んでいます。地中海の陽光をたっぷり浴びて育ったレモンは香り高く、グラスに注げば宝石のように美しく、きりっとシャーベット寸前まで冷やして食後酒として召しあがるのがおススメです。
シャーベットやアイスクリームにかけて、レモネードやアイスティーに加えても大人の味わいを楽しめますのでお試しあれ!

カジュアルウェディング

だれしもが気張らず笑顔になれる、南イタリア流カジュアルウェディングとは?

「アモーレ=愛」の国、イタリア。なかでも、地中海の絶景が広がる豊かな自然、太陽の日ざしを一身浴びる大地が広がる南イタリアでは、誰しもがこころを解放して陽気に暮らしています。そんな南イタリアのウェディングスタイルは、主役のふたりだけでなく、集まった親族・友人も開放的に楽しめるもの。

そのひとつとして、南イタリアの結婚式には、新郎の友人がサプライズをするという習慣があるんだとか。これには諸説ありますが、シングルライフを終える新郎を友人たちがちょっとからかったことから始まった、ジョーク好きのイタリア人ならではの習慣とも言われます。
また新郎新婦がチャペルから退場する時は、フラワーシャワーではなく米粒を投げるライスシャワーが伝統的。これも諸説ありますが、一粒から無数の籾をつける米が豊饒のシンボルとされてきたから、「ライス」のイタリア語が祝福を表す言葉の音と似ているから、などの理由が由来だと言われています。

結婚式自体、堅苦しい挨拶などなく、親族や集まった気の置けない仲間とともに楽しいひとときを過ごすことをなによりも大切にしているそう。まさに、南イタリアに広がる自然の中で育まれた、あたたかみのある祝福のカタチであるといえるでしょう。

銀座店

首都圏の百貨店を中心に全国85店舗を展開中。ぜひお近くのお店へお越しください。

フェスタリア ビジュソフィア ギンザ
フェスタリア ビジュソフィア ギンザ
銀座中央通りに店舗を構えるフラッグシップショップ。「House Of Star」をコンセプトに、幅広いラインナップが揃います。

TOP