SEARCH

2020.04.23

途切れないダイヤモンドを婚約指輪に。パヴェの魅力とは

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

婚約指輪といえば、ダイヤモンドをあしらったデザインを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。ダイヤモンドリングには多くのデザインがありますが、その中でも華やかなデザインで、毎日身に着けやすいのがパヴェタイプの婚約指輪です。メレダイヤの豪華さと優美さから、永く愛用できるパヴェリングの魅力をご紹介します。

パヴェとはどんな指輪?

無造作に散らばったダイヤモンド

無造作に散らばったダイヤモンド

小さなダイヤモンドを敷き詰めたパヴェリング。華やかでゴージャスな印象を与えるパヴェリングは、ファッションリングとしてだけでなく婚約指輪としても人気が高まっています。パヴェリングの魅力を知ってブライダルリングの選択肢の幅を広げてくださいね。

「パヴェ」の意味

パヴェはフランス語で「石畳」という意味があることから、メレダイヤを石畳のように敷き詰めた指輪をパヴェリングと呼びます。

メレダイヤは0.2カラット以下の小さなダイヤモンドですが、敷き詰めることでダイヤモンド本来の輝きを発揮してくれます。メレダイヤを贅沢に敷き詰めたパヴェリングは、どの角度からでもダイヤモンドの美しい煌めきが楽しめます。

「パヴェ」と「メレ」の違い

パヴェリングは、メレダイヤが使われているためメレリングを間違われることがあります。

「メレ」はフランス語で「小粒石」という意味で、メインストーンを引き立たせるように、サイドにメレダイヤをあしらったデザインがメレリングです。

どちらもメレダイヤを使っていますが、パヴェリングの方がエレガントで華やかさのあるデザインとなっています。

デザインも豊富なパヴェリング

パヴェリングといえば、アームにメレダイヤを敷き詰めたデザインを連想しますが、豊富なバリエーションがあります。メレダイヤを敷き詰めたアームがセンターダイヤモンドを引き立てるデザイン、メレダイヤを敷き詰めたアームが交差したデザイン、センターダイヤモンドの周りとアームにメレダイヤを施したデザインなど、ダイヤモンドの輝きを楽しめるデザインが揃っています。

婚約指輪にパヴェリングがおすすめの理由

プロポーズをする男性と驚く女性

プロポーズをする男性と驚く女性

ファッションリングとしても使いやすい

メレダイヤを贅沢にあしらったパヴェリングは、どの角度から見ても美しく輝き、指先に華やかさを演出してくれます。ずっと眺めていたくなるような上品な煌めきを持つパヴェリングは、シンプルなコーディネートのアクセントにぴったり。シックな色味のお洋服と合わせて華やかさのバランスをとって。
手元を動かすたびに上品な輝きを放つパヴェリングは、指先にエレガントな華やかさを演出してくれます。友人の結婚式やパーティーなどにも、ファッションのアクセントとして使いやすいリングです。

メレダイヤが地金に埋め込まれており、立て爪でダイヤモンドを固定しているリングのように衣服に引っかかる心配が少ないため、ストレスなく身に着けられるデザインですが、華やかさがあるため、法事や葬儀の場へは身に着けるのを控えたほうがよいでしょう。

結婚指輪と重ね付けが楽しめる

一般的に結婚指輪をつけ始めると登場機会の少なくなる婚約指輪ですが、時には婚約指輪と結婚指輪の重ね付けを楽しみたいというシーンもあるはず。そんな時にもパヴェリングはおすすめです。ただし、選ぶ時は結婚指輪との相性に注意しましょう。

重ね付けをするなら、華やかさのあるパヴェリングを引き立ててくれる、シンプルなデザインの結婚指輪を選ぶのがおすすめです。また、重ね付けをするのであれば婚約指輪を決める時に、結婚指輪も合わせて選ぶと失敗しません。

年齢を重ねても楽しめる

せっかく選んだ婚約指輪ですから、あなたの人生に寄り添うパートナーのようなジュエリーであってほしいもの。そのためには、今だけではなく、これからのことも考えて婚約指輪を選びましょう。

年齢を重ねると華奢なリングは物足りなく感じてしまうものです。メレダイヤが煌めくパヴェリングは、幅の広いデザインを選べば華やかな印象に。年齢を重ねてもあなたの手元を上品に彩ります。

ブライダルリングにパヴェを選ぶメリットとは?

リングを重ね付けした女性

リングを重ね付けした女性

パヴェリングは、美しいダイヤモンドの煌めきが魅力ですが、永く身に着けるブライダルリングとして選ぶ際にはいくつか注意すべきポイントも。ポイントを押さえてあなたにぴったりのパヴェリングを見つけましょう。

華やかで普段使いしやすい

日常使いしやすい
パヴェリングは、立て爪デザインとは違い、メレダイヤを敷き詰めているので引っかかりが少ないデザインです。そのためダイヤモンドリングでも、普段使いしやすくなっています。
ファッションリングとしても使える
華やかでゴージャスなパヴェリングは、デイリージュエリーとしても◎。上質で上品なイメージを与えてくれるパヴェリングはファッションリングとして指先に華やかさを演出してくれます。
傷が目立ちにくい
指輪のベースにはプラチナやゴールドが使われますが、愛用するうちに小さな傷が目立ってしまいます。ダイヤモンドは非常に硬い性質をもっているので傷はつきません。また、周りに傷がついても敷き詰めたダイヤモンドの輝きで目立ちにくくなります。

メンテナンスには注意が必要

メレダイヤが取れる可能性がある
メレダイヤを支えている部分が緩くなり、気づいたら1つ外れていたという可能性も。購入する時はしっかりメンテナンスをしてくれるお店を選びましょう。
サイズ直しが難しい
デザインにもよりますが、メレダイヤを敷き詰めたデザインのため、サイズ直しができない場合もあります。
汚れやすい
ダイヤモンドには油と馴染みやすい親油性があります。料理や掃除だけでなく、ファンデーションやハンドクリームなどでも油分が付着して汚れてしまいます。家事やメイクをする時は外す、汚れが付着したら柔らかい布で拭き取るようにしましょう。

サイズ選びは慎重に

パヴェリングのデザインで、指輪全体にメレダイヤを敷き詰めたタイプはサイズ直しができません。パヴェリングのデザインによっては、サイズ直しが可能なタイプもあります。

ですが、パヴェリングはもっとも美しく輝く角度でメレダイヤを敷き詰めてデザインされているため、サイズ直しをするとダイヤのバランスが悪くなったり、メレダイヤが取れやすくなる可能性もあります。購入する時は、サイズ直しをしないように慎重にサイズを選びましょう。

フェスタリアでおすすめのパヴェリング

リングのメインダイヤモンドにはふたつの星が映し出されるオリジナルカット「Wish upon a star」が使用されています。小さな星は「今の私」大きな星は「未来の私」、夢をかなえてくれる星をいつも身に着けることができます。メレダイヤは強い煌めを放つラウンドブリリアンカット。小粒でも存在感があり、指先に華やかさを添えてくれます。

パヴェリングの注意点

女性の左手の薬指にリングを着ける様子

女性の左手の薬指にリングを着ける様子

パヴェリングの輝きを保つためには、毎日のお手入れや定期的なメンテナンスが大切になります。大切なパヴェリングを永く愛用するための注意点をご紹介します。

定期的なメンテナンスがおすすめ

毎日身に着けていると、知らないうちに強い力が加わるなどして、指輪が歪んでくる可能性があります。特に純度の高いプラチナやゴールドは、やわらかいため歪みやすいので注意が必要です。

指輪の歪みはつけ心地だけでなく、ダイヤを留める爪がゆるむ原因にも。パヴェリングのようにメレダイヤを敷き詰めたデザインは、気が付いたらメレダイヤが落ちていた、とならないためにも購入した店舗で定期的にメンテナンスをしてもらうのが安心です。

毎日のお手入れ方法

毎日のお手入れは柔らかい布で軽く拭くだけで大丈夫です。汚れや皮脂でダイヤの曇りが気になりはじめたら、水に中性洗剤を溶かし振り洗いした後、洗剤を水で流して下さい。柔らかく乾いた布で水分をしっかりとって終了です。

パヴェリングは小さなメレダイヤを敷き詰めたデザインのため、ダイヤの隙間にホコリや汚れが溜まりやすくなります。毎日のお手入れだけでは取り除けない時は、購入したお店でクリーニングして貰いましょう。また、パヴェリングはメレダイヤたくさんあしらっているため、購入したお店で定期的にメンテナンスをしてもらうと安心です。

婚約指輪を毎日身に着けるなら「パヴェ」がおすすめ

夕日が美しい草原で手をつなぐカップル

夕日が美しい草原で手をつなぐカップル

「婚約指輪を毎日身に着けたい」という人には普段使いしやすいデザインがおすすめです。

メレダイヤを敷き詰めたパヴェリングは、引っ掛かりが少ないため日常使いでも邪魔になりにくいデザイン.
華やかなダイヤモンドの輝きを楽しめるので、ファッションのアクセントにもなります。

上品で華やかなパヴェリングの煌めきは、永遠の愛の証として女性の指先に輝き続けてくれますよ。

RELATED