SEARCH

コラム

2020.08.07

レストランウエディングってどんなもの?気になるお金のアレコレについても解説

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

レストランウエディングとは、アットホームな雰囲気とおいしい料理で人気の高いウエディングのこと。ホテルやゲストハウスなどより自由度が高いため、個性的な演出を用意したりコスパにこだわったりしたいカップルに向いています。こちらの記事ではレストランウェディングについてや、気になるお金事情、ドレス選びのポイントついて紹介します。

レストランウエディングとは?

結婚式を楽しむカップル
レストランウエディングとは、どのようなものなのでしょうか。具体的に紹介します。

レストランを貸し切って行う結婚式

レストランウエディングとは、ホテルや結婚式場ではなくレストランを貸し切って行われる結婚式です。

結婚のスタイルが多様化している現在、ホテルや結婚式場以外の場所で結婚式を挙げるカップルも少なくありません。

ロケーションがよくおしゃれな雰囲気のレストランなら、特別感のある結婚式になると人気です。

レストランウエディングのメリットとデメリット

相談しているカップル
通常の結婚式とはひと味違うレストランウエディング。やはり気になるのはメリットやデメリットです。レストランウエディングで後悔しないためにも、どのような点が良くどこがイマイチとなりやすいのか知っておくと良いでしょう。

【メリット】料理がおいしい

レストランウエディングの一番のメリットは、ゲストにおいしい料理が提供できることです。

レストランは、食事を提供するのが本業。料理はプロによって供されるため、お店選びをしっかりすることで、より満足度の高い料理を味わうことができます。素材の選定から見栄えの良さまでしっかり考慮して、素晴らしい料理を出してくれるでしょう。

またレストランウエディングなら、シェフと細かくメニューの打ち合わせができます。ゲストの要望や好みを伝えやすい上、お願いすればオリジナルメニューを提供してくれることも。料理でお祝いの演出ができるのは、レストランウエディングならではです。

【メリット】ゲストとの距離が近い

レストランを貸切にするので、他のお客さんを心配する必要がありません。プライベート感が高く、ゲストとのふれあいも容易になります。ゆっくり会話を楽しんだり、写真を撮ったりする時間もたっぷりあるでしょう。

また会場の広さは、ホテルや結婚式場と比べるとコンパクトなことがほとんど。そのぶんアットホームな雰囲気になりやすいというメリットもあります。ホテルや結婚式場での挙式ほど肩肘をはる必要がないので、新郎新婦やゲストも楽な気持ちで楽しめます。

【メリット】さまざまなタイプの会場から選べる

会場の選択肢が広いのもレストランウエディングの魅力です。

一口にレストランといっても、カジュアルなレストランから老舗洋食店までさまざまな種類があります。どこを選ぶかは新郎新婦の好み次第。会場選びを名目に、食べ歩きするのも楽しそうですね。

レストランウエディングの会場を選ぶポイントとしては、料理のジャンルはもちろん、インテリアの雰囲気や「海のそば」「山のふもと」といったロケーションもお忘れなく。時間を掛けて探せば、ふたりのイメージにぴったりのレストランが見つかります。

【メリット】演出の自由度が高い

レストランウエディングは貸切だからこそ、新郎新婦の好みにあった自由な演出が可能です。決められた式次第もないため、式のスタートから閉式まですべて自分達の思いどおりです。

例えば、オリジナルのウエディングケーキ、互いの出身地の食材を使った料理などの希望を伝えたり当日のメニューを指定できたりするのはレストランならではです。

また、人前式の実施やオリジナルのフォトブースの設置など、設置したい人はレストラン側と相談すれば実現しやすいでしょう。

【メリット】挙式後も利用できる

結婚式場やホテル会場は、結婚式が終われば足を踏み入れることはありません。しかしレストランなら、ふたりの思い出の場所として何度でも足を運べます。ふたりが年を取ったときもレストランを訪れれば「ここで結婚式を挙げたんだな」と当時の気持ちを思い出せるでしょう。

結婚記念日、誕生日と夫婦にとって特別な日はたくさんあります。特別な日にふさわしい場所ができることは、夫婦にとって大きなメリットです。

【デメリット】収容人数に限りがある

レストランウエディングのデメリットとしては、多数のゲストには対応しきれない点です。一般にレストランはホテルや結婚式場と比較するとゲストの収容人数が少なめです。親戚や知人・友人を多数招く場合は、招待客の選定が難しくなるでしょう。

「どうしても招待したい」というゲストがたくさんいる場合は、事前に何人くらいになりそうか招待客の数を把握しておくことをおすすめします。「大体○○人」と分かったら、その人数が収容できるレストランを探せば良いのです。

【デメリット】控室などの設備が不十分なことも

本来レストランは結婚式をする場所ではありません。そのため、結婚式場やホテルにあるようなブライズルームや控え室が設置されていないケースも予想されます。

また、音響の設備等が不十分な場合もあるため、設備等については詳細に確認しておきましょう。

レストランウエディングのお金事情

お金の計算をするカップル
レストランウエディングを選んだ場合、予算はどのくらい必要となるのでしょうか。レストランウエディングの費用やご祝儀について紹介します。

事前にしっかりと予算を決めておく必要がある

レストランウエディングは「リーズナブル」というイメージがあるものの、内容によってはホテルや結婚式場とほぼ同じ費用になることも少なくありません。演出や料理にこだわったりプロのカメラマンを雇ったりなどすれば、どうしてもコストはかさむでしょう。

例えば都内を例にとってみると、予算相場は「挙式+披露宴」で300万円前後です。(100名未満の場合)「レストランウエディングだから低コスト」ではないと分かります。

ただしレストランウエディングならではのメリットとして、予算通りに進めやすいという点があります。スタッフに相談すれば料理変更などにも速やかに対応してくれるため、費用の調整は比較的しやすいです。

ご祝儀制と会費制がある

レストランウエディングでは、一般的な結婚式と同様の「ご祝儀制」の他、ゲストから参加費用をもらう「会費制」があります。

会費制…相場は1~2万円といわれ、ゲストへの負担が低く一般的なご祝儀の金額よりは低めです。レストランウエディングといえば「会費制」というイメージを持つ人も多いでしょう。会場の費用などと照らし合わせて、検討することが大切です。

ご祝儀制…相場は3万円ほど。関係性によっても金額が異なります。会費制と違う点は、参加する費用ではなくお祝いの気持ちとして包むことです。メニューや演出に気を配ることが大切になってきます。

レストランウェディングをする際は、会費制とご祝儀制のどちらにしても、ゲストにしっかりと知らせておくことが重要です。また両家の親とも相談しておくと、より安心です。

レストランウエディングで着るドレス選びのポイント

ウエディングドレスを選ぶ若い女性
レストランウエディングでは、ドレスを着るときに気を付ける点があります。ドレスを選ぶときのポイントや注意点を見ていきましょう。

限られたスペースでも動きやすいドレスを選ぶ

レストランの規模にもよりますが、レストランウエディングでは会場のスペースがコンパクトになりがちです。ドレスを選ぶときは「動きやすさ」を重視しましょう。

Aラインやプリンセスラインなど下半身がふっくらと膨らむドレスは、レストランウエディングでは動きづらいことも。おすすめなのは、スレンダーラインやマーメイドラインなど細身でスタイリッシュなデザインです。

ドレスの手配方法をきちんと確認する

レストランウエディングでも、ほとんどの場合ドレスショップの紹介を受けられます。レストランと提携しているので手配する手間がありません。花嫁の負担を軽減できるでしょう。

また、自分で持ち込む方法もありますが、持ち込み料金が発生するケースがあります。詳細については事前に確認が必要です。

加えて、ドレスを持ち込むタイミングもきちんとチェックしておかねばなりません。前日からOKなのか、当日のみか、レストランによってさまざまです。ドレスがなければ結婚式はできませんから、こちらも必ず早めに確認しておきましょう。

レストランウエディングで自分らしい結婚式を

祝福されるカップル
人生の中で大切なイベントの一つである結婚式。より自分達らしく演出したいなら、レストランウエディングは素晴らしい選択肢となるでしょう。

大切な人達や愛する人と特別な時間を過ごせるよう、素敵なレストランを見つけてくださいね。

RELATED