SEARCH

コラム

2020.11.27

【引出物・内祝い】ギフト選びのプロが最新のお祝いマナーとおすすめの品を伝授

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

昨今の社会事情により、結婚式のスタイルにもさまざまな変化が見られます。特に結婚式を延期・中止したカップルは、内祝いや引出物選びのタイミング、品物にも迷ってしまうかもしれません。そこで、ギフトカタログを展開する、株式会社大和が運営するギフトショップ<アンティナギフトスタジオ>のギフトアドバイザーに「最新のお祝いマナー」と「人気のギフト」について聞いてみました。ぜひ、大切な方へのギフト選びの参考にしてくださいね。

ギフト選びのプロに聞くお祝いマナーと人気の品

ギフトアドバイザーの関口さんと佐藤さん
今回はカタログギフトをはじめ、ギフト商品の制作・販売を展開する、株式会社大和のギフトアドバイザー関口さん(左)と佐藤さん(右)に、お話を伺いました。
ギフトが並んだ棚
――慶事のときに贈るものとしては、「引出物」や「内祝い」がありますが、ふたつの違いと、贈る際に気を付けた方が良いマナーについて教えてください。

まず引出物は、結婚式において、新郎新婦から招待ゲストへ配られる返礼品のことです。式に来て貰ったことへのお礼や、ご祝儀へのお返しとして贈られます。返礼の仕方や内容は、地域によって異なりますが、一般的にはメインの品物と引菓子を合わせた2種、もしくはそこに縁起の品をプラスした3品で、まとめられるお客様が多いようです。3品にする理由は、引出物を割り切れない奇数にすると、縁起が良いとされるためですね。

対して内祝いは、結婚においては祝いの品をいただいた方で、披露宴に参列されなかった方や、招待できなかった方に贈る品物です。内祝いは、記念の品物を贈るケースが多かったのですが、現在はお菓子などの食品を選ぶ方も増えています。内祝いは基本的に、結婚式が終わってから1カ月以内に贈るものですが、結婚式を延期した場合などは、お祝いをいただいてから1カ月以内を目安に、「お返し」として内祝いを贈るのも良いでしょう。
――一般的にどのようなギフトだと喜ばれやすいのでしょうか?

引出物のうち、引菓子だとバウムクーヘン、縁起の品にはお出汁や、お茶漬けなどが人気ですね。結婚式には幅広い年代の方が参加されますので、相手のことを気遣った、万人受けするギフトだと喜ばれる傾向にあります。

内祝いに関しては、贈る相手ひとりひとりのライフスタイルを考慮して選ぶと、感謝の気持ちが伝わりやすいのではないでしょうか。
カタログギフトを持つ関口さん
――カタログギフトも人気ですが、大和のカタログに掲載されているギフトへのこだわりを教えてください。

大和のカタログギフトは、掲載点数の多さよりも、本当に良い品物、厳選されたこだわりの商品を紹介することに力を入れています。貰った人に喜ばれるカタログギフトを目指して、バイヤーが国内外を飛び回り、目利きしたアイテムを掲載しているのが特徴です。
カタログギフトが並んだ棚

最新のギフト送付の変化

インタビューに答える関口さん
――新型コロナウイルスの流行により、「引出物」や「内祝い」などの、ギフト送付に変化はありましたか?

式に参列する方の人数が絞られているので、引出物から内祝いの個別配送が増えています。実際にお客様からも、参列する人数がギリギリにならないと確定しない、といった問い合わせも増えているので、そういったお客様の要望に合わせて、柔軟に対応していますね。
――最近ではリモートウェディングなども行われていますが、式を見てくれた親族や友人への、引出物需要などもありますか?

実際にリモートウェディングを行ったお客様から、引出物の個別宅配便をご利用いただき、後日良い日柄に合わせて届けるサービスも行いました。
インタビューに答える関口さんと佐藤さん
――コロナ禍で内祝いを郵送する際など、細心の気遣いがあれば、教えてください。

品物だけをお贈りするのではなく、品物と合わせてメッセージカードや、持ち込まれたお手紙なども一緒に送れるよう手配しています。直接会えないからこそ、WEB上にて無料で作れるメッセージカードのような、ひと言添えられるものを用意し、おふたりの気持ちがより相手に伝わるよう配慮していますね。
――お家時間が増えたことにより、人気のギフトにも変化がありましたか?

外食を控える傾向からか、食べ物系の「ベストグルメ」「日本の美味しい食べ物」「ミートセレクション」などの食品カタログを選ばれるお客様が増えました。また、食器のような、自宅時間をゆっくり過ごす際に、お家の中を彩るものが人気です。

ギフトアドバイザーおすすめの品

セラミカの食器
――人気のギフトの中で、おすすめの品があれば教えてください。

食器のなかでも、ポーランドの陶器「セラミカ」はおすすめです。非常に丈夫で、オーブンやレンジでも使用でき、欠けにくい素材なので長持ちします。柄も可愛いので料理映えし、食卓が華やかになるので、毎日の食事が楽しみになるアイテムですね。

また、今治のタオルはシーズンに関係なく、安定して人気です。セットの種類が豊富なので、贈る相手に合わせて選べます。ギフトの傾向としては、自分ではなかなか買わないけれど、ちょっと質の良い日用品が喜ばれるようですね。高級バスソルトやスニーカーケアグッズなど、少々ニッチだけど日常生活で+αになるものをせっかくの機会なので贈ろうといったニーズがあります。
今治のタオルセットを持つ関口さん

結婚式を迎えるカップルへのアドバイスやメッセージ

メッセージを伝える佐藤さん
――結婚式が延期になったカップルなど、これから式を迎える方々に向けて、いまできることのアドバイスやメッセージがあればお知らせください。

挙式準備の中でも、ギフト選びは割と最後の方になり、じっくりとギフトを選ぶ時間がなくなってしまうケースも見られます。式の準備は忙しいものですが、少し時間ができたタイミングでギフトに関してゆっくり考えていただくと、贈る相手のニーズに合わせた品を見つけやすいのではないでしょうか。

また、これから式を挙げるカップルには、誰からいつ、何をいただいたなどのリストを作っておくと、内祝いなどの御礼がスムーズになり、おすすめです。

大和では、贈られる側も重要ですが、贈る側にも「これをあの人にあげたいな」と思っていただける、選りすぐりのギフトを数多く揃えています。引出物や内祝いについて考える際は、ぜひ気軽に相談へ来ていただけたら嬉しいですね。

ブライダル関連の相談はフェスタリアへ

フェスタリアでは、引出物や内祝いと言ったブライダル関連のギフトを検討されるお客様に、大和のカタログを案内しています。ブライダル関連のお客様の悩みに関して、提携会社と力を合わせ柔軟に対応しているので、お悩みの際は気軽に申し出ください。

「フェスタリア」という言葉は、ジュエリーに願いを込めることによって、愛する人達の輝く未来が始まる、「特別な場所」の意味を持っています。結婚式を行わずに入籍だけするカップルや、結婚式が延期になってしまったカップルも多いかもしれません。その場合も、気持ちのこもった婚約指輪や結婚指輪をきちんと用意することで、ふたりの絆は深まり、永遠に変わらない愛を紡いでいけるのでは、と考えております。

また、ふたりの幸せを祝っていただく親戚や友人へ、感謝の気持ちを伝えるためのギフトに関しても、サポートできればと思います。
ギフトは一度贈って終わりではなく、結婚後も内祝いや出産祝いなど、人生の節目に感謝の気持ちを伝えていくもの。本記事を参考に、最新のお祝いマナーや、返礼品選びのポイントを押さえて、大切な人からのお祝いに感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

RELATED