SEARCH

コラム

2021.03.31

知っておきたい結婚式バッグのマナー。ふさわしいアイテムの選び方とは?

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

結婚式バッグは、お呼ばれドレスをより華やかに見せる重要なアイテム。結婚式に参列する前には、華やかなドレスと相性が良く、マナーにかなったフォーマルバッグを1つ揃えておきたいですよね。今回は結婚式バッグのマナーとおすすめのフォーマルバッグ、中に入れる必要最低限の持ち物を紹介します。

お呼ばれコーデを一段と華やかに見せる「結婚式バッグ」とは

パールのバッグを持った女性
お呼ばれコーデのキーアイテムと言える「結婚式バッグ」。ドレスが引き立つデザインを選ぶと、コーディネートがグッと華やかになります。まずは結婚式にふさわしい、フォーマルバッグの特徴を紹介します。

華やかな装飾が施されたバッグ

スパンコールやラメ、ビジュー、パールがあしらわれた豪華な結婚式バッグは、晴れの席にふさわしいアイテム。シンプルなドレスに合わせると、キラキラ輝くバッグがアクセントになり、コーディネートをおしゃれに見せてくれるでしょう。

フォーマルに適した素材のバッグ

結婚式バッグは素材も重要。光沢のあるシルクやサテンの他、繊細なレースやふんわりしたシフォンなど、適度に華やかな素材がベストです。またドレススタイルを格上げする、上質なレザーもおすすめです。

必要最低限の荷物が入る大きさのバッグ

結婚式バッグは、必要最低限の荷物が入るくらいのサイズが適しています。目安としては、クラッチバッグならひざの上に置けるもの、ハンドバッグなら椅子の背もたれに自然と置けるものを選ぶと良いでしょう。

シルバーやゴールドの華やかなバッグ

フォーマルドレスはカラー、デザインともにさまざまなバリエーションがあります。長く使うことを考えるならば、どんなドレスともコーディネートしやすい結婚式バッグを選ぶのも一つの方法です。おすすめは、シルバー色とゴールド色。ブラックやネイビーなどの暗めのドレスに合わせると明るさを加えられます。パンプスを同色にすると、よりスタイリッシュな印象に。

お祝いの席では避けたい結婚式バッグの特徴

パイソンやクロコダイルの型押しバッグ
結婚式バッグはただなんとなく選んでしまうと、お祝いの席ではマナー違反になる場合もあります。結婚式バッグを購入する前に、場にふさわしくないバッグも知っておきましょう。お祝いの席で避けるべき、結婚式バッグを紹介します。

カジュアルなデザインのバッグ

結婚式はフォーマルな場。「日常使いもしたいから」と、カジュアルなバッグを選んだり、普段使用しているバッグを合わせるのは、あまりおすすめできません。社会人になると結婚式に招待されることは多々あります。そのためフォーマル専用のバッグを持っていない人は、この機会にきちんとしたものを一つ揃えておきましょう。

ブランドロゴが目立つバッグ

結婚式バッグは各ブランドからさまざまなデザインが販売されています。ブランドもののバッグを選ぶ際に注意したいのは、ロゴの大きさです。一目でどのブランドのバッグなのかがわかるような、ブランドロゴが目立つバッグは避けましょう。小さいロゴが入っている程度に留めておくと良いです。

サイズが大きすぎるバッグ

大きすぎるバッグは荷物をたくさん入れられる点では実用的と言えますが、結婚式ではカジュアルな印象に見られるので、避けた方が無難です。

毛皮・クロコダイルのバッグ

動物の毛皮やクロコダイル、パイソンのバッグは、殺生をイメージするためお祝いの席では避けましょう。しかし動物の皮でも牛革は、慶弔両用のフォーマルバッグに使われる素材なので、とくに問題はありません。ただし牛革にアニマルプリントが施されたものや、パイソン、クロコダイルを型押ししたものはマナー違反です。

サブバックとしての紙袋

結婚式バッグに収まりきらない荷物を紙袋に入れるのは、見た目にもスマートではありません。高級ブランドのショッピングバッグはお洒落なので一見良さそうに思いがちですが、やはり紙袋の類に入るため、フォーマルな席ではやめておきましょう。

購入するなら押さえておきたい!おすすめの結婚式バッグの種類

結婚式バッグでおすすめなのは、クラッチバッグや少し大きいハンドバッグ、長く使えるブラックバッグ。さらにフォーマル用のサブバッグも1つ持っていると便利です。ここでは結婚式バッグをまだ購入していない人のために、おすすめのフォーマルバッグの種類を紹介します。

クラッチバッグ

ゴールドのクラッチバッグ
クラッチバッグとは長方形の形をした、小脇に抱えるタイプのバッグです。一口にクラッチバッグと言っても、いろいろな種類があります。サテン地の黒のクラッチバッグは、落ち着いた雰囲気に見え、大人っぽいフォーマルドレスに良く合うでしょう。パールやビジューをあしらったクラッチバッグは、パーティシーンらしい華やかさが魅力。
手首を通す金具が付いたクラッチバッグは、まるでブレスレットを着けているかのような感覚で持てます。また、ショルダーにもできるチェーン付きのクラッチバッグは、2次会などのカジュアルな席に向いています。

少し大きめのハンドバッグ

淡いピンクのハンドバッグ
結婚式バッグはこれまで、小ぶりのものが主流でした。しかし最近は実用性を考え、やや大きめのものを選ぶ人が増えています。おすすめは、バッグの底にマチがあり、内側にはポケットが付いた少し大きめのハンドバッグです。見た目はスマートでも、長財布やご祝儀袋などがしっかり収まるバッグを選びましょう。

慶弔時に使える上質なブラックバッグ

黒のフォーマルバッグ
シンプルなブラックバッグは慶弔両用で使えるため、1つあると便利です。上質な素材を選ぶと長く愛用できます。質に加えて、金具にもこだわりましょう。シーンに応じて印象を変えたいなら、装飾を取り外しできるタイプがおすすめです。ただしブラックバッグはシンプルなぶん、地味な印象になりがち。そのため、明るい色合いのフォーマルドレスを選ぶなどの工夫が必要です。

フォーマル用のサブバッグ

黒のトートバッグ
結婚式バッグに収まりきらない荷物を入れるための、フォーマル用サブバッグも準備しておきましょう。品のあるブラックのサブバッグはフォーマルな場にぴったり。光沢感のあるサテン素材や、レースをあしらったデザインのサブバッグなら、式場でも浮きません。

これだけあれば安心!結婚式バッグに入れる必要最低限の持ち物

ビジューがあしらわれたクラッチバッグ
結婚式バッグは小さいため、持ち物を詰め込みすぎると見た目にも良くありません。ある程度、厳選した上でバッグに入れ、中身に余裕を持たせておきましょう。結婚式バッグに入れておきたい、必要最低限の持ち物を紹介します。

財布・携帯電話などの貴重品

フォーマルバッグの中に必ず入れておく持ち物は、財布と携帯電話、またはスマートフォンの貴重品です。バッグに収まるのであれば長財布でも良いのですが、収まらない場合は小さい財布を入れましょう。携帯電話やスマートフォンを結婚式場に持っていく場合は、最低限のマナーとして電源を切るか、サイレントにします。

ご祝儀袋・袱紗

結婚式に参列する時に、必ず準備するのがご祝儀袋です。ご祝儀袋は、新郎新婦に渡すお祝い金を包む袋のこと。ご祝儀袋は袱紗(ふくさ)と呼ばれる四角い布に包むのがマナーなので、袱紗もあわせて準備しましょう。ご祝儀袋は前日までにバッグに入れておくと、当日に「準備していなかった!」と慌てる心配はありません。

ティッシュ・フォーマル用のハンカチ

コロナ禍での結婚式では、衛生面の観点からティッシュやハンカチは忘れずに用意したいアイテム。ハンカチはフォーマル専用のものを使うのがマナーです。普段使いのハンカチは、お祝いの場にふさわしくありません。

色は定番の白の他、明るく淡い色合いのパステル系を選びましょう。黒や紺、深い紫などの濃い色は喪を連想するため避けます。デザインは、レースや刺繍をあしらったものが、上品に見えるのでおすすめです。ただフォーマル専用のハンカチは吸水性の点で劣るので、予備にタオル地のハンカチを入れておきましょう。

ファンデーション・口紅などのメイク用品

普段使っているメイクポーチは、小さいパーティバッグに入らないため、メイク用品は必ず使うものだけ入れます。ファンデーションと口紅、化粧直し用のあぶらとり紙の3つがあると良いでしょう。

お祝いの席にふさわしい結婚式バッグを選ぼう

クラッチバッグを持った女性
結婚式のバッグは、フォーマルドレスに負けないくらいの華やかなデザインや、長く愛用できる上質な素材を選びましょう。また、自分の持ち物に合わせたサイズを選ぶのもコツ。マナーを踏まえた上で、お祝いの席にふさわしい、お気に入りのバッグを選んでくださいね。

婚約指輪・結婚指輪の相談ならフェスタリアへ

RELATED