SEARCH

コラム

2022.01.26

ジュエリーとアクセサリーの違いってなに?刻印の見分け方も解説

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

ジュエリーとは、アクセサリーのなかでも希少価値の高い宝石や貴金属を使った装身具のこと。そのため、一定の条件を満たした宝石や貴金属が使われています。この記事では、ジュエリーとアクセサリーの違いや使われる宝石や貴金属について、貴金属に刻まれる刻印の種類、ジュエリーの魅力、おすすめのジュエリーを紹介します。

ジュエリーとアクセサリーの違い

普段から何気なく使っているジュエリーとアクセサリー。同じ意味であるように使われていますが、実は明確な違いがあります。まずは、それぞれどのような違いがあるのかジュエリーとアクセサリーの違いについて解説していきます。

ジュエリーの定義

日本ジュエリー協会では、金や銀、プラチナ、パラジウムなどの貴金属と貴石と呼ばれる天然宝石を使ったものがジュエリーと定義されています。使われる宝石や貴金属の含有量などが定められているため、購入する際はチェックしてみましょう。
ジュエリーは選ぶ宝石がそれぞれ意味を持ち、お守りの代わりや自分磨きのアイテムとして愛用できます。長い年月を重ね、毎日身に着けても色あせることのなくそばで輝いてくれるのがジュエリーの魅力です。

アクセサリーの定義

アクセサリーには装身具という意味があり、ネックレスやピアス、イヤリングだけではなく、帽子やベルトなど衣服を飾るものの総称として使われる言葉です。素材に制限がないため真鍮(しんちゅう)や合金、布、革、樹脂ガラスなどさまざまなタイプがあります。

ジュエリーに使われる宝石と貴金属

テーブルに置かれた天然宝石
ジュエリーとアクセサリーはどちらも装身具ですが、希少価値が高く限定された宝石や貴金属が使われているものをジュエリーと呼びます。では、どのような宝石や貴金属が使われるとジュエリーと呼ばれるのでしょうか。ここからは、ジュエリーに使われる宝石と貴金属について紹介します。

3つの条件を満たした天然宝石

天然石のなかでもジュエリーには、美しさ・希少性・耐久性の3つの条件を満たした宝石が使われます。一般的には、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドの四大宝石や、アレキサンドライトかヒスイにパールを加えた五大宝石が使われているものを指します。
ですが最近では、希少性だけではなく、ラピスラズリやガーネット、アメシストなどのカラーストーンを使用したジュエリーも増えています。

貴金属は主原料と合金の8種類

日本ジュエリー協会では、ゴールド、シルバー、プラチナ、さらに合金として使われるパラジウム、ロジウム、ルテニウム、オスミウム、イリジウムの8種類を貴金属と定めています。最近では、パラジウムも結婚指輪の主原料として使われることも増えています。
宝石と同じように貴金属にも条件があり、希少性が高く加工がしやすい、腐食や酸化が起きにくいなどがあげられます。また、日本産業規格(JIS)で最低純度が定められているため、それよりも低い純度の場合はジュエリーと呼べない場合もあります。

ジュエリーの刻印の種類と見分け方

ジュエリーには、貴金属であるという証拠となる刻印が刻まれています。特に気にすることなく見ている刻印ですが、その意味を正しく理解している人は少ないでしょう。ここからは、刻印の種類と貴金属の刻印についてを紹介します。

刻印の種類

貴金属に記されている刻印にはいくつかの種類があります。その中から主な刻印を紹介します。
■貴金属の種類や純度を記す刻印
  • 貴金属の種類と含有量が記された刻印
  • 貴金属には、日本産業規格(JIS)や国際標準規格(ISO)の制度によって、使われている金属の純度を表記する義務がある
  • 一般的には、数字やアルファベットが刻まれているが、国によってはワシや王冠などの絵が刻まれている場合もある
■カラット数を表す刻印
  • ジュエリーに使われている宝石の種類の頭文字とカラット数を記した刻印
  • 石目やキャラ目と呼ばれる
■メッセージとして刻まれる刻印
  • 婚約指輪や結婚指輪などの特別なジュエリーにメッセージとして刻まれる刻印
  • ふたりのイニシャルや記念日、特別な言葉などが刻まれるため、特別な存在となる

【種類と純度を表す刻印①】金

貴金属の純度は千分率での表示が義務付けられているが、金の場合は24分率で表示されます。カラーゴールドは、銀やパラジウム、銅などが配合されているため、その配合量で色味が変わります。
■金の刻印
  • K24:純金(金含有率99.9%以上の場合のみ)
  • K20または833:20金(金含有率83.3%以上)
  • K18または750:18金(金含有率75.0%以上)
  • K14または585:14金(金含有率58.5%以上)

【種類と純度を表す刻印②】銀

一般的に銀が黒ずむのは、銀以外の成分を多く含んでいるためです。そのため、良質のジュエリーを選ぶには、銀がどのくらい含まれているのかチェックすることが大切になります。銀の刻印は「SV」の他にも「AGSILVER」や「Sterling」などがあります。
■銀の刻印
  • SV1000:純度100パーセントの場合
  • SV950または950:銀含有率95.0%(残りは金や銅)
  • SV925:銀含有率92.5%以上(一般的によく使われている)
  • SV900:銀含有率90.0%以上(コインシルバー)
  • SV835:銀含有率83.5%以上(ダッチシルバー)

【種類と純度を表す刻印③】プラチナ

希少価値の高いプラチナは「Pt」と刻まれ、純度は千分率で表記されます。他にも「Pt」や「Pm」などと表記され、「PTP」表記はプラチナメッキの意味です。
■プラチナの刻印
  • PT1000:純白金、純プラチナ
  • PT950:プラチナ含有率95.0%以上
  • PT900:プラチナ含有率90.0%以上(パラジウムなどを含み、加工しやすいのが特徴)
  • PT850:プラチナ含有率85.0%以上

毎日身に着けたくなるフェスタリアの上質なジュエリー

上質なジュエリーだからこそ、毎日身に着けていたくなるもの。お守りとして、気分を上げるため、自分へのご褒美に、シーンを選ばず身に着けやすいフェスタリアのジュエリーを紹介します。

やわらかなフラワーモチーフのイエローゴールドピアス

フェスタリアのフラワーモチーフピアス
フェスタリアのフラワーモチーフピアス
¥49,500(税込)
※商品価格は予告なく変更する場合がございます。
やわらかな曲線がリボンで編まれたような立体感を生み出したフラワーモチーフのピアス。イエローゴールドとダイヤモンドの組み合わせは、耳元を華やかにしてくれます。長く愛用できるジュエリーだからこそ、自分へのご褒美としてもおすすめです。

いつの時代も愛されるクラシカルな雰囲気のシンプルネックレス

一粒ダイヤモンドが輝くK18イエローゴールドネックレス
¥33,000(税込)
※商品価格は予告なく変更する場合がございます。
未来に希望の光を与えてくれるよう、願いを込めてデザインされたK18イエローゴールドのネックレス。いつの時代も愛されるミルグレインが施されたペンダントトップは、クラシカルな雰囲気が漂います。裏面には4種類のカラーストーンから好きな石をセッティングできるため、自分だけのメッセージを込めたお守りとして毎日愛用できます。

上品でエレガントな印象のプラチナピンキーリング

フェスタリアのプラチナピンキーリング
フェスタリアのプラチナピンキーリング
¥44,000(税込)
※商品価格は予告なく変更する場合がございます。
お守りジュエリーとして人気のピンキーリング。指を長く見せてくれるデザインは流行や季節問わず愛用できるため、自分だけのお守りにぴったりです。願いを叶えたい時は左手に、魅力をアップさせたい時は右手に着けるのが良いそうです。

ジュエリーとアクセサリーの違いを知り、永く使えるものを選ぼう

アクセサリーのなかでも、希少価値が高く限定された宝石や貴金属が使われたものだけがジュエリーと呼ばれます。そのため、長い年月が過ぎても、美しい輝きを失わずにそばに寄り添ってくれるのが魅力です。アクセサリーとジュエリーの違いを正しく理解して、長く愛用できるジュエリーを見つけましょう。

RELATED