SEARCH

コラム

2021.10.21

結婚式で映えるフォトプロップス!ゲストにも喜ばれる素敵なデザインや作り方を紹介

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

映える写真が撮れると人気のフォトプロップス。海外ではおなじみのパーティーアイテムですが、最近では日本でもSNSから火が付き、結婚式の定番になっています。簡単に手作りもでき、おしゃれでかわいい写真を撮りたいというカップルに人気です。そこで本記事では結婚式で映えるフォトプロップスのデザインや作り方、使い方などを紹介します。

かわいいフォトプロップスのデザイン

フォトプロップスにはさまざまなテイストや形、色のものがあります。結婚式でどんなイメージの写真を撮りたいかや式場の雰囲気に合わせて、フォトプロップスを準備しましょう。まずは、とにかくかわいい写真が撮りたいカップルに人気のデザインを紹介します。

【ガーリーな印象に】スイートカラーのフォトプロップス

簡単にかわいい雰囲気を出せるカラーと言えば、ピンクです。ピンクカラーをメインにしたハート型や吹き出し型のフォトプロップスなら、甘い雰囲気の写真が撮れますよ。指輪や口紅など、ガーリーなアイテムをモチーフに選ぶのもおすすめです。

【子どもから大人まで人気】キャラクターモチーフのフォトプロップス

ユニコーンのフォトプロップス
人気のキャラクターをイメージさせるデザインのフォトプロップスも、定番です。子どもから大人までファンが多い人気のキャラクターをモチーフにすれば、撮影も盛り上がりそう。使用するカラー数を2色程度に抑えれば、かわいさのなかにクラシックな雰囲気も出せます。

【楽しく盛り上がる】カチューシャタイプのフォトプロップス

フォトプロップスは手に持つタイプが多いですが、カチューシャタイプになっているものもあります。動物の耳がついたデザインが人気で、猫やうさぎ、犬などいろいろな動物をモチーフに作られています。市販のキャラクターデザインのカチューシャをウエディング仕様にアレンジしてもおしゃれです。

おしゃれなフォトプロップスのデザイン

かわいいよりかっこいい、おしゃれな雰囲気が好きというカップルには、シンプルなデザインでシックなカラーを使ったフォトプロップスがおすすめ。ここでは結婚式をおしゃれに演出できるフォトプロップスのデザインを紹介します。

【高級感のある印象に】シルバーカラーのフォトプロップス

ラメ入りのシルバーカラーをメインに使用したフォトプロップスは、シンプルな色使いながらラメのキラキラ感が華やかで結婚式らしさを演出できます。フォトプロップスに書く文字のフォントにもこだわってみましょう。

【シンプルでクール】モノトーンカラーのフォトプロップス

大人っぽい雰囲気のフォトプロップスにしたいなら、白と黒のモノトーンカラーのアイテムがおすすめです。かわいすぎるデザインだと持ちにくいと思う新郎もいるかもしれませんが、これなら気兼ねなく使えるでしょう。文字をメインにしたシンプルなモチーフにするのがポイントです。文字のフォントをアイテムごとに変えても面白いですね。

ユニークなフォトプロップスのデザイン

結婚式ではみんなの笑顔溢れる写真を撮りたいもの。ユニークなデザインのフォトプロップスを準備すれば、自然とゲストも笑顔になれるかもしれません。ここでは面白いデザインのフォトプロップスデザインを紹介します。

【オリジナリティ溢れる】フレームタイプのフォトプロップス

持ち手のついたフォトプロップスではなく、フレームのようにボードをくりぬいたタイプです。両手で持って、フレームの中に自分を収めて撮影します。SNSの画面のようなフレームを作って、投稿日付を挙式の日にしたり、いいねの数をふたりの記念日にしたり、コメント欄に好きな言葉を書くなどアイディア次第でオリジナリティ溢れるフォトプロップスになるでしょう。みんなで撮影して、ゲストにSNSに投稿してもらっても良いですね。

【遊び心満載】変装できるフォトプロップス

メガネとネクタイのフォトプロップス
ひげや帽子、めがねなど変装できるアイテムをモチーフにしたフォトプロップスも人気です。カラフルな色使いにするとポップでカジュアルな雰囲気になります。

【SNS映えバッチリ】花火付きのフォトプロップス

フォトプロップスの持ち手の部分に花火を使ったものなら、華やかさもアップ。フォトプロップスのデザインはシンプルにしたほうが映えます。ケーキの上に飾る花火を用いるなど、工夫してみましょう。ただし火の元には十分注意しながら、撮影を楽しんでくださいね。

和装にも合うフォトプロップスのデザイン

フォトプロップスは一見洋風なイメージですが、デザインを工夫すれば和装とも合います。ここでは和装にもぴったりなフォトプロップスのデザインやアイディアを紹介します。

【和装に似合う】扇子のフォトプロップス

ブーケ付きの扇子
扇子をベースにしたフォトプロップスなら、和装にもぴったりです。市販の扇子に漢字でメッセージを書いたり、水引などの小物をデコレーションしたりするとおしゃれに仕上がります。金の扇子を使えば、ゴージャスな雰囲気に。結婚式当日はもちろん、前撮りの時に使うのもおすすめです。

【色鮮やかな写真に】手毬のフォトプロップス

手毬と折り鶴
小さめサイズの手毬をフォトプロップスとして使うのもおすすめです。手毬は色鮮やかなものが多いので、映える写真を撮りたいカップルにぴったりのアイテム。球体の発泡スチロールを使えば、好みのデザインで手作りもできます。

婚約指輪・結婚指輪の相談ならフェスタリアへ

フォトプロップスの材料と作り方

カラフルなフォトプロップス
フォトプロップスは雑貨店や100円ショップなどでも手軽に手に入りますが、オリジナリティを求めるなら手作りがおすすめ。初めてでも簡単に作れるので、自分達の結婚式のカラーやイメージに合ったフォトプロップスを手作りしてみましょう。

準備するもの

まずは、フォトプロップス制作に必要な材料や道具をそろえましょう。材料と道具は、以下の通りです。
  • 厚手の紙
  • ペーパーストロー
  • マスキングテープ
  • のり
  • はさみ、カッター

作り方

    【手順】

  1. フォトプロップスのデザインを作成する
  2. 手書きでも良いですが、きれいに作りたいならパソコンでデザインを作成するのがおすすめ。 無料で使える画像やフォントを組み合わせれば、おしゃれなデザインが簡単に作成できます。

  3. 作成したデザインを印刷して厚紙にのりで貼る
  4. テープのりが使いやすくておすすめです。

  5. パーツごとにはさみで切り取る
  6. 持ち手になるペーパーストローにマスキングテープを貼ってデコレーションする
  7. 適当な大きさの紙を切り取り、持ち手を貼りつける
  8. 5をのりでパーツに貼る
  9. 直接パーツに持ち手をテープで貼っても良いですが、うしろから見た時の仕上がりをきれいにしたいならこの方法がおすすめです。

準備する数

フォトプロップスはいくつ準備するのが適切なのかは、悩みどころの1つ。ゲストの数やどんな風に使用してもらうかにもよって、必要数は変わります。
フォトブースで自由に使用してもらう、新郎新婦が各テーブルを回って写真を撮る時に使う、高砂で新郎新婦と撮影する時に使うなど、状況に合わせて考える必要があるでしょう。思っているよりゲストが楽しんで写真を撮ってくれるという声も聞かれるので、多めに準備しておいても良いかもしれません。

フォトプロップスの映える置き方

瓶に入ったフォトプロップス
かわいくておしゃれなフォトプロップスを準備したら、置き方にもこだわってみましょう。フォトプロップスを置く場所に決まりはありませんが、ウェルカムスペースやフォトブース、高砂などです。最後にフォトプロップスの置き方の例を紹介します。

おしゃれな瓶に入れて置く

メイソンジャーのようなおしゃれな瓶にフォトプロップスを入れて置けば、それだけでもおしゃれ見えします。透明な瓶なら、フォトプロップスのデザインを選ばず映えるでしょう。口の広い瓶ならたくさん入れられます。

箱に差して置く

空箱をラッピングペーパーでデコレーションして、穴をあけ、そこにフォトプロップスを差す方法もあります。好きな柄のラッピングペーパーで、フォトプロップス置き場を自作してみてはいかがでしょうか。

フォトプロップスを準備して映えるウエディング写真を撮ろう

フォトプロップスを持った新郎新婦
結婚式の写真をよりおしゃれに見せてSNS映えも叶えてくれる、フォトプロップス。準備しておけば、ゲストと一緒に盛り上がりながら写真撮影できるでしょう。時間があるなら、自分達らしいフォトプロップスを手作りするのがおすすめです。フォトプロップスを準備して、笑顔溢れる記念写真を撮影してくださいね。

婚約指輪・結婚指輪の相談ならフェスタリアへ

RELATED