SEARCH

ダイヤモンドについて

2020.03.05

「昔はひとつの星であったかもしれないダイヤモンド」フェスタリア独自カット"Wish upon a star" 誕生の裏側

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

フェスタリアの大切なフィロソフィーである、“bijou de famille”(ビジュ ド ファミーユ)。 “ビジュ ド ファミーユ” とは、ヨーロッパを中心に古くから伝わる慣習で、ジュエリーを大切な人へ、世代を越えて受け継いでいく宝石を意味しています。そのフェスタリアの理念を象徴するものとして誕生したのが “Wish upon a star” です。今回は “Wish upon a star” 誕生の裏側を、ご紹介します。

小さな星と大きな星が意味するものとは? “Wish upon a star”誕生のストーリー

 (1343)

“Wish upon a star” 最大の特徴は、フェスタリア独自のカットがダイヤモンドの中に浮かび上がらせる、ふたつの美しい星。実は、そのカットが誕生した背景には、ダイヤモンドの起源にまつわるロマンティックなストーリーがあるのです。

地球で採掘されたダイヤモンドには、地球が誕生するよりも前の年代に誕生しているものがあることがわかっています。地球が生み出したものでないとしたら、地球が誕生する際の天体衝突において、ダイヤモンドが宇宙からやってきたのではないか―― もしかしたら、ダイヤモンドだけでできた星が、この宇宙にはあったのかもしれません

もしかしたら以前は星の一部であったかもしれないダイヤモンドを、ふたたび星に返してあげる。そんな想いを込めて、フェスタリアはダイヤモンドにふたつの星が浮かび上がる独自カットを生み出したのです。

“Wish upon a star”のダイヤモンドの中に映るのは、小さな星と大きな星。小さな星はいまの自分、大きな星は未来の自分。そして、その2つの星は、愛し合うふたりを表しています。

100年後も輝き続けるダイヤモンドを目指して。最高ランクの輝きを誇る世界唯一の独自カットを実現

ジュエリー自体はリフォームが可能なもの。そのため世代を超えて受け継がれたとしても、その形は変わってしまう可能性があります。だからこそ、フェスタリアでは世代を超えても形が変わることのない「ダイヤモンド」に独自カットを施すことで、 ”ビジュ ド ファミーユ” のフィロソフィーを体現することにしたのです。

しかしダイヤモンドの独自カットというのは技術的に非常に難しく、はじめは30ピースのダイヤモンドのみでのスタートに。さらにその30ピースのダイアモンドも対称性を持った星を映し出すことが難しく、トリプルエクセレントカットと呼ばれる最高品質のダイヤモンドのカットができる職人でさえ、 “Wish upon a star” の星を綺麗に描くことができませんでした。
 (1347)

特に星を表現するためにはテーブル面を10角形にしなくてはならず、対称性を出すのが非常に難しいデザイン。さらに相当な熟練した技術が必要なため、新しい職人に技術を引き継ぐことが難しく、厳選された職人たちによる試行錯誤が繰り返されます。その結果、世界でも10数人しかカットできないと言われる “Wish upon a star” のカットが完成したのです。

なお、 “Wish upon a star” のダイヤモンドは、サリネライトレポート(輝き具合を証明する第三者機関によるレポート)で最高ランクの輝きを証明するトリプルエクセプショナルを取得

そして100年の歳月を経ても、価値あるダイヤモンドを提供していくというフェスタリアのミッションを実現すべく、2019年10月にはダイヤモンド研究所を設立し、最新技術の研究含め、様々な取り組みを行っています。

新しい門出を迎えるおふたりのために。ジュエリーだけではないフェスタリアの取り組み

 (1350)

“Wish upon a star”ではご購入特典(一部商品を除く)として、ご購入いただいた婚約指輪、結婚指輪と同じ型のベビーリングのプレゼントをご用意しています
お子様が生まれたときのファーストジュエリーや、チェーンをつけてペンダントなど、ダイヤモンドに込めた想いを繋ぐもう1つのジュエリーとしてたくさんのお客様にお喜びの声をいただいています。

またフェスタリアでは、これからご結婚されるおふたりが幸せな門出を迎えられるよう、様々なパートナーと提携し、挙式やプロポーズ、顔合わせなど、様々なシーンの演出協力を行っています。
写真:セレス高田馬場 (1352)

たとえば、式場としても人気の高いセレス高田馬場、またグランダルシュ ウエディングヒルズ セレブレーション!ステラ アリラガーデンリゾートでは、サプライズプロポーズや挙式の演出協力を。 “Wish upon a star” のブライダルリングとあわせて、おふたりの想いを星に込めた、一生思い出に残る演出を提供しています。

また、銀座、池袋、新宿、横浜にあるレストランで婚約証明書付き顔合わせプランを展開している『星のなる木』『クルーズ・クルーズ』『ベニーレベニーレ』(運営:銀座クルーズ)では、フェスタリアオリジナルのキュービックジルコニアの星を埋め込んだ婚約証明書付きの顔合わせプランを提供しています。
 (1354)

婚約誓約書に描かれている地図には、『星のなる木』の場所をキュービックジルコニアの星で表しており、おふたりが婚約を証明した大切な場所を “輝く場所” として残しています。

そして、最近では結婚式プロデュースを行うスマ婚と一緒に、新郎新婦の親御さんへ記念品をプレゼントする “サンクスダイヤモンドセレモニー” という企画をスタートいたしました。

"Wish upon a star" のダイヤモンドに浮かび上がる大小ふたつの星を、「これまで受けてきた親からの愛情」と「これから親孝行をしていく子からの愛情」とし、親御さんへ感謝の気持ちを伝える企画です。
 (1356)

ふたつの美しい星が輝くダイヤモンドは、世代を超えて、みんなの願いを叶えてくれる――そんな想いを込めた  “Wish upon a star” 。
このようにブライダルリングだけでなく、これからご結婚されるおふたりにとって、そしてそのご家族の皆さまにとっても一生の思い出に残るような演出で、皆さまの新しい門出をお祝いいたします。

“ビジュ ド ファミーユ”の理念をダイヤモンドに込めて

何十億年という長い年月を経てきたダイヤモンドと比べれば、人間の一生はとても短いかもしれません。しかし、たとえ自分がいなくなったとしても、星に想いを込め、その大切な想いがダイヤモンドを通じてこれからも大切な人に繋がっていくように――フェスタリアでは、”ビジュ ド ファミーユ” のフィロソフィーをダイヤモンドに込めて、これからも家族の絆や愛を象徴するジュエリーを提供し続けます。

RELATED