ブライダルリングは “選ぶ” だけではない。二人の想いをカタチにする「フルオーダーメイドリング」ができるまで

ブライダルリングは “選ぶ” だけではない。二人の想いをカタチにする「フルオーダーメイドリング」ができるまで

フェスタリアでは、ジュエリーを大切な人へ、世代を越えて受け継いでいく宝石を意味する “bijou de famille”(ビジュ ド ファミーユ)というコンセプトを大切にしています。そして “ビジュ ド ファミーユ” の想いを体現すべく、フェスタリア銀座本店ではフルオーダーメイドのブライダルリング製作も行っています。 「フルオーダー」と聞くと敷居が高そうと思われるかもしれませんが、実はそんなことはありません。そこで今回、フェスタリアのフルオーダーメイドリングができるまでを、デザイナー イ・ソヒョンのインタビューを通してご紹介します!

お二人の馴れ初めなどからデザインを作成。世界に1つだけのフルオーダーリングはどうやってつくられるのか

―― どういった流れでフェスタリアのフルオーダーメイドリングはつくられるのでしょうか?

大きくステップをわけると、ラフ画の作成、設計図の作成、それから原型を製作した後、最終的なオーダーメイドリングが仕上がります。

設計図の作成や原型製作などを外部に委託しているブランドさんの場合だと、短くても3ヶ月、長いと半年から1年かかってしまうこともあります。一方、フェスタリアではこの全行程を自社で行っているため、時期にもよりますが、ラフ画を作成してから2〜3ヶ月前後で完成するんですね。

そしてフェスタリアでは、毎月銀座本店にてフルオーダーメイド相談会というのを開催していまして、基本的にはそちらにお越しいただき、つくりたいリングのイメージをヒアリングして、ラフ画を作成しているんです。
―― ラフ画作成は、どれくらいの時間で仕上がりますか?

ラフ画自体は、1枚描くのに数分程度です。ただ、イメージを膨らませていくヒアリングやラフ画の修正などを考えると、エンゲージリングやマリッジリング単体で2時間程度、両方のデザインをつくる場合は3時間程度、お時間をいただいています。

実際は、「こういったリングをつくりたい」というイメージをお持ちの方よりも、漠然とオーダーメイドリングをつくりたい、というお客様がほとんどなんです。ですので、まずは既製品のデザインをいくつか見ていただいたり、いろいろなお話をさせていただいたりして、イメージを膨らませていってラフ画に落とし込んでいます。

―― イメージを膨らませていくために、どういったことをヒアリングしていますか?

まずはシンプルな感じ、可憐な感じ、カッコいい感じ、ゴージャスな感じなどの雰囲気要素であったり、ストレートなラインが良いのか、それともS字ライン、V字ラインなどが良いのかなど、既製品をお見せしながらヒアリングし、お客様の中にあるイメージを膨らませていくんですね。

そしてお二人の馴れ初めやプロポーズのエピソード、また二人の思い出話などを伺い、デザインに落とし込んでいきます

なおブライダルリングは、一生身につけるもの。そのため、お客様のライフスタイルもヒアリングでは詳しく伺っています。たとえば、お仕事中にジュエリーを身につけられるかどうか。

営業職や医療関係のお仕事をされていて、仕事中に華やかすぎるジュエリーは身につけられないという場合は、オフの日に身につけて気持ちが上がるような、華やかなリングを提案することもありますし、温泉が趣味といった方であれば変色しないよう、ホワイトゴールドではなくプラチナをご提案したり。
毎日身につけるものとして、厚みや幅含め、ライフスタイルに合わせたデザインと着け心地には、特に気を使っている点です。
―― ラフ画に落とし込んでいく際に、デザイナーとして意識していることはありますか?

リングは上からのデザインだけでなく、横顔も非常に重要です。というのも、実際に身につけたときによく目に入るのは、リングの横顔なんですよね。そのため、横顔にもデザインを入れていき、お客様に合ったアレンジをしています。

またエンゲージリングはファションリングと差別するためにも、あえてお二人のこだわりを強く出すようにし、 “エンゲージリングらしさ” を追求してデザインをしています
そしてリングのフォルム、絞り具合や石の留め方でも印象は大きく変わるため、最終的にはお客様の指のサイズに合わせた実寸大で描かせていただき、お客様と一緒に確認していくんです。
※ラフ画完成後、設計図に落とし込み、樹脂で原型を製作。お客様に原型を確認していただいた後に最終的なリングの製作を行う

リング自体は小さなもの。しかし、そこに込められた想いはとても大きい。ジュエリーだからこそできる「愛のカタチ」

―― フルオーダーメイドリングをお買い求めになるお客様は、どういった方々が多いのでしょうか?

年齢層で言えば20代から40代と、とても幅広いお客様がいらっしゃいます。また、フルオーダーメイドリングは2つの星が浮かび上がるフェスタリア独自カットのダイヤモンド「Wish upon a star」でお作りするケースが多いのですが、「星のデザインを探していたが、他店ではポップなデザインのものしかなかったので」と来店されるお客様もいらっしゃいますね。

あとはカップルで来店されるケースが多いのですが、「彼女にサプライズがしたい」と男性ひとりでいらっしゃる場合もあります。たとえば以前に男性のみでいらっしゃったお客様は、はじめてのデートが湘南で、彼女のイニシャルがAということで、海、波のイメージとイニシャルをデザインに落とし込んだエンゲージリングを製作させていただきました。

実は、そのお客様は後日マリッジリングもつくりたい、と彼女と二人で来店してくださったんです。そこでお話を伺ったら、思い出の場所である湘南でつくったエンゲージリングをお渡しされたそうで、彼女も感動して泣いてくれたらしいんですね。

リング自体は小さいものではありますが、そこに詰まっている想いはとても大きいもの。そのため、お二人の馴れ初めであったり、リングをお渡しになった後日談などを伺うと、私自身もデザインを担当させていただけてよかったなと思います。

―― そんなエピソードがあったんですね!他にも印象に残っているお客様はいますか?

震災で奥様とお子様3人を亡くされたという男性がいらっしゃったことがあります。お話を伺うと、ご結婚されたときにエンゲージリングを渡せなかったそうなんですね。そして震災後は家も崩壊してしまい、お金がなかったけど、ようやくお金が貯まったので来ました、と。
そして奥様は亡くなってしまったけれども、大きなダイヤがついたリングをつくってあげたい、とのことでした。

そこで私はリングではなく、男性でも身につけられるネックレスをご提案したんです。また奥様は生前、あるシルバージュエリーのブランドが好きだったということで、そのブランドのデザインに近い雰囲気でデザインさせていただき、真ん中にはダイヤモンド、そしてそのまわりに奥様とお子様3人のイニシャルと誕生石を1ピースずつ入れたものをご提案させていただきました

そして完成したネックレスをご覧になったそのお客様からは、「一生大切にします。家族がここにいるので」とおっしゃっていて。「家族がここにいる」と思えるのは、愛をカタチにできるジュエリーだからこそだなと強く思った出来事でした。

デザインの方向性を見つける場所として。デザインから製作まで、すべて自社で行うからこそ実現できる期間と価格

―― やはり、完成したオーダーメイドリングをご覧になられたお客様は、みなさんとても喜ばれるのではないでしょうか。

そうですね、「つくりたかったのは、まさにこれです」とラフ画の時点で涙を流されるお客様もいて、私も一緒になって泣いてしまうことも少なくありません。みなさん本当に感動してくださるので、一組一組、どのお客様もとても思い出に残っています。

また、ジュエリーは自分の世代で終わるといった感覚のお客様が多いのですが、ジュエリーは一生つけられるものですし、自分の代だけではなく、後世へと受け継ぐことができる存在。
フェスタリアでは、世代をこえて大切な人へ受け継いでいくジュエリー “bijou de famille”(ビジュ ド ファミーユ)というコンセプトを大切にしており、お客様へもそのお話をよくします。

そうするとみなさん、「いつか子どもに手渡したい」「もっと大事にします」といった反応をしてくださいますし、二人の想いが詰まったオーダーメイドリングだからこそ、世代をこえて受け継がれ、愛を繋いでいくというのはとてもロマンがありますよね
―― 最後に、これからブライダルリングをつくりたいと思っている読者へ、メッセージをお願いします!

フルオーダーメイドと聞くと、時間がかかったり、お値段も高いイメージがあり、敷居が高いと感じられている方もいらっしゃるかもしれませんが、フェスタリアの場合はデザインから製作、そして販売にいたるまで、自社デザイナー、自社工房、自社店舗とすべて自社で担っているため、実はそこまでお値段も時間もかかりません。

たとえばマリッジリングであれば30万円前後から、エンゲージリングは石にもよりますが、30万円後半から製作可能ですし、お客様のご予算にあわせたデザインをご提案させていただくため、実際にご来店されたお客様からは「この価格でできるんだ」と驚かれることも多いくらいです。

そのため敷居が高いとは思わずに、ぜひお気軽に、「自分たちにあったデザインはどんなものだろう」と楽しんでいただく気持ちでご来店いただければなと。またお二人のお話を伺い、ときにはフルオーダーではなく既存のラインナップからご提案させていただくなど、お二人に合わせたリングの方向性をご案内する場所として、ご活用いただければ嬉しいです。

世界にたったひとつだけの、お二人の想いをカタチにするブライダルリングをご提案

フェスタリア ビジュソフィア ギンザ』本店では、毎月ブライダルリングのフルオーダーメイドご相談会(要Web予約)を開催しております。経験豊富なデザイナーが、お二人の想いをカタチにするデザインをその場でご提案。

「しっくりくるデザインがない」「具体的なデザインが思い浮かばない」などブライダルリングでお悩みの方も、二人らしいリングをつくりたいという方も、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

お二人のご希望をもとに、一緒にイメージをふくらませながらその場でラフ画を描いて、 世界にたったひとつのブライダルリングをご提案いたします。
TOP