SEARCH

コラム

2020.08.07

フォトウエディングの概要

並んで歩くカップル
フォトウエディングは結婚式を挙げずに記念の写真撮影をすること。「前撮り」と混同する人も少なくありませんが、実際にはどのようなものなのでしょうか。

フォトウエディングについて詳しく紹介します。

結婚式のスタイルの一つ

フォトウエディングとは、結婚の記念に写真撮影をすることです。通常の結婚式と同様にウエディングドレスや着物を着用し、結婚式さながらの写真を撮ります。

「結婚式の前撮り」と異なるのは、式や披露宴を行わないということ。招待客なども考えなくて良いので、ふたりの好きな衣装や撮影スポットで記念の写真を撮影できます。

結婚式への考え方が多様化している昨今では、必ずしも「結婚=結婚式」ではありません。「結婚式はしない」「そのうちするかも」と考えているカップルにも、比較的手軽に行えるフォトウエディングは人気があります。

フォトウエディングの魅力

フォトウエディングの魅力はいろいろありますが、まず、準備などが比較的楽だということ。通常、結婚式を行うときは数ヵ月~1年ほどの準備期間が必要です。また費用も高額になりがちで、数百万円かかることも少なくありません。

一方フォトウエディングなら、事前の準備はほぼ不要です。加えてふたりの都合だけで進めていけるので、スケジュールなども立てやすく、段取りもスムーズに進みます。

フォトウエディングの注意点

ふたりの都合だけで気軽に行えるフォトウエディングですが、結婚式と異なり周囲からお祝いの言葉をかけられたり、衣装をお披露目したりする場がないため、その分「結婚した」という実感が薄くなる可能性も。

フォトウエディングを選択した場合は、別途周囲に報告する機会を設けると良いでしょう。

フォトウエディング業者を選ぶときのポイント

まずは「どんなフォトウエディングをしたいか」を、ふたりで明確にしておきましょう。
スタジオを選ぶ時チェックしたいのは、プランのバリエーションや内容です。また、衣装や小物の充実度も確認しておきたいですね。

「なるべくリーズナブルにしたい」「たくさんの衣装を着たい」など、希望のフォトプランは人それぞれ。なるべくたくさんの業者をピックアップして、希望を実現できそうなところを見つけると良いでしょう。

フォトウエディングにかかる費用

パソコンを眺めるカップル
挙式と披露宴の平均費用相場はおよそ300~400万円と言われています。では、フォトウエディングにした場合、費用相場はどのくらいなのでしょうか。

ここでは、フォトウエディングの相場や必要な費用について紹介します。

フォトウエディングの相場は数万~20万程度

フォトウエディングにかかる費用は、選ぶプランやフォトスタジオによって大きく異なりますが、一般的な相場としては約5~20万円というケースが多いでしょう。

また、屋外で撮影する場合は、スタジオ内のみでの撮影よりも、多少費用がかかる傾向にあるようです。

費用について考えるときは、どのようなスタイルで撮影したいかを決めてから検討するのがおすすめです。

スタジオ撮影にかかる費用

スタジオ撮影のみの費用相場は、一般的に約3~10万円程度のようです。移動費等がかからない分、費用も抑えられるため、リーズナブルなプランにしたい人などにおすすめです。

また、撮影時に着用する衣装によっても、かかる費用が異なってくる場合もあります。

ロケーション撮影にかかる費用

ロケーション撮影をする場合の費用相場は、約10~25万円程度と言われています。スタジオ内のみのプランよりも費用がかかるのは、「スタジオ撮影+ロケーション撮影」だから。撮影先までの出張費や移動費、場合によっては使用料が発生するため、スタジオ内撮影よりも割高となっているようです。

しかし、思い出の場所や雰囲気のある場所で行う撮影は、ふたりの記念の1枚にきっとなるでしょう。ロケーション撮影でフォトウエディングを行うカップルの半数以上は「スタジオ撮影+ロケーション撮影」プランを選択しています。

フォトウエディングの費用内訳

フォトウエディングの費用内訳の主なものをピックアップしてみましょう。

・撮影代
・衣裳代
・小物・アクセサリー代
・ヘアメイク代
・スタジオや照明などの設備代
・写真データ代、アルバム代

ロケーション撮影の場合は、これらに前述の移動費等も含まれます。

ただし費用一式はプランに含まれていることがほとんど。プラン外のサービスを望む場合は、「オプション」として追加料金を支払う形式になるのが一般的です。

フォトウエディングに人気のロケーション

階段に佇むカップル
結婚式の代わりとなる写真を撮るのですから、フォトウエディングのロケーションにはこだわりたいところ。

ここでは、フォトウエディングで人気のロケーションを見てみましょう。

自然が豊かな場所

自然豊かな場所は、四季折々の美しさがあります。咲いている花や植物で「どの季節に結婚したか」が分かりやすく、ロケーション撮影の中でも人気です。

また開放感のある海は、鉄板ともいえる人気スポット。白いウエディングドレスやタキシードがよく映え、最高の1枚を撮影できるでしょう。きれいな海を求めて、わざわざリゾート地まで繰り出すカップルも少なくありません。

歴史や芸術を感じられる場所

文化財に指定されるほど歴史深い建造物やアーティスティックな美術館などは、雰囲気も抜群。洋装、和装どちらにも似合う写真を撮影できるでしょう。

ただし、こうした場所は事前に撮影許可が必要なケースもあるので、確認しておくことをおすすめします。使用料が別途発生する場合もあるようです。

人気観光地

人気の観光地も、フォトウエディング撮影には最適。趣のある風景に囲まれ、ロケーション撮影ができます。

あまりに遠い観光地に行くのは大変ですが、ふたりの思い出の地があるならば遠出しても良いかもしれませんね。

スタジオやチャペル

スタジオやチャペルでの撮影は、ドレスの繊細な細部や表情も美しく写真におさめることができます。室内で撮影したい方には、専門サービスの利用がおすすめ。

フォトジェニックな写真が好評のルミナスでは、和装や洋装はもちろんのこと、有名インポートブランドドレスでの撮影など豊富なプランが用意されています。

目を奪うほどの美しいサンプル集は、ウェブサイトでチェックしてみてください。
花に囲まれるウエディングフォトの花嫁

via studio-luminous.com

フォトウエディングの流れ

微笑むカップル
フォトウエディングをすると決めた場合、当日までの流れはどのようになるのでしょうか。フォトウエディングの一連の流れを紹介します。

予約~撮影前日

まずはフォトスタジオの予約からスタート。一般的にフォトウエディングの繁忙期は過ごしやすい気候である春や秋と言われています。希望日を抑えておきたいなら、少なくとも3ヵ月前には予約するようにしましょう。

予約は「Webや電話可」のところがほとんどですが、可能なら見学をしてから決めるのがおすすめです。スタジオやスタッフの雰囲気もよく分かり、どのようなフォトウエディングを行いたいかイメージも沸くでしょう。

フォトスタジオが決まったら、次は担当者と打ち合わせを行い、詳細なプランや撮影日を決めていきます。また、衣装の試着は撮影前に行うことがほとんどなので、ドレスやヘアスタイルについて、しっかり希望を伝えておくと良いですね。

ただし、ブライダルインナーや和装用の下着は、自分で準備する場合が多いことも頭に入れておきましょう。

撮影日の1~2日前に最終確認などがあるため、希望の内容とズレがないか、しっかり確認しておきます。

撮影当日

撮影当日の服装は、着替えやすいものがベスト。ヘアメイクはスタジオで行うため、当日はナチュラルメイクがおすすめです。ヘアメイクや着付けにかかる時間はおよそ1時間程度です。

撮影時間は衣装の着用数やプランにもよりますが、スタジオだけなら約3~5時間程度でしょう。ロケーション撮影もする場合は屋外に出かけるため、もう少し時間がかかります。

撮影が終わったら、写真選びまで行います。枚数によりますが、30分~2時間程度かかると考えておくと良いでしょう。

写真受け取り

ふたりで選んだ写真が手元に届くまでにはおよそ2週間~1ヵ月程度かかります。受け取り方は直接取りに行くか、もしくは郵送でお願いするかのどちらかとなるでしょう。

また写真データはCD-ROMなどにまとめてアルバムと一緒に受けとるのが一般的です。ただし、プランによっては「データなし」ということもあるかもしれません。写真データも欲しい場合は、事前にきちんと確認しておきましょう。

「少人数挙式」「ふたりだけの結婚式」という方法も

少人数挙式を挙げる花嫁と花婿

via www.petitwedding.com

ウエディングにも多様な選択肢がある現代。家族や親しい人たちだけを招く少人数挙式や、花嫁と花婿だけで挙げる結婚式という方法もあります。フォトウエディングに加えてささやかな式を挙げることで、さらに美しい思い出となりますね。

少人数専門のサービス「小さな結婚式」は、税別67,000円からの少人数挙式を扱っています。
本当に大切な人たちだけを招いて、ふたりらしいお祝いをしてみてはいかがでしょうか。

しっかり調べて後悔のないフォトウエディングを

海辺で結婚式を挙げるカップル
結婚のスタイルが多様化している今、フォトウエディングを選択する人も増えています。結婚の記念として、思い出に残る1枚を残せるのは素敵ですよね。

フォトウエディングにすると決めたら、「どんなプランがよいか」「予算はいくらまでか」などを相手ときちんと相談しましょう。

RELATED