SEARCH

コラム

2021.04.14

結婚式前におすすめのダイエット方法。綺麗を手に入れてドレスを美しく着こなそう

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

結婚式を控えたプレ花嫁さんの悩みの一つが「ダイエット」。一生に一度の晴れ舞台だからこそ、理想の体型を手に入れ、ウエディングドレスを美しく着こなしたいですよね。今回は結婚式前に行うダイエットの基礎知識と初心者向けのダイエット方法を食事、運動に分けて紹介します。モチベーションを維持するためのコツもチェックしましょう。

理想のスタイルを手に入れたい!結婚式前のダイエットの基礎知識

淡いピンクのドレスを着た女性
結婚式前のダイエットは、最初に期間や目標体重を決め、引き締めるべき場所を把握することが大切。ダイエットの理想的な期間と、目標を設定する方法、ウエディングドレスのデザイン別に、シェイプアップしたい部位を紹介します。

ダイエットの理想的な期間

ダイエットの期間は長ければ長いほど理想の体型に近づけやすいでしょう。長期的なダイエットでは、結婚式の半年前~1年前位に計画を立ててスタートするのが望ましいです。期間が長いと挫折しやすい面もあります。しかし、結婚式までに時間のゆとりもあり、ダイエットの成果によっては印象をガラっと変えられることも。
短期的なダイエットでは、結婚式の3ヵ月前~少なくとも1ヵ月前に始めます。短い期間だと運動の負荷をかけなければダイエットの結果を出せなかったり、習慣化されなかったりといったことも考えられます。しかし短期集中でダイエットに取り組めるので、モチベーションを維持しやすいのがメリット。結婚式直前にエステを利用するのも良いですが、普段の生活でコツコツと続けるダイエットが基本です。

無理なく続けられる目標設定の方法

ダイエットは無理のない計画を立てることが大切です。ひと月に減らす体重は、今の体重の5パーセントが目安とされています。例えば体重60キロの女性の場合、1ヵ月に3キロ以内の減量に留めておきましょう。ダイエット期間と減量数値の目安は以下の通りです。
  • 1~2ヵ月…2~3キロ減
  • 3~6ヵ月…5~10キロ減
  • 半年以上…15~20キロ減
上にならい、例えば「1ヵ月に1キロのペースで、8ヵ月かけて8キロ減量する」といった目標を立てると良いです。

ドレスのタイプと痩せる部位

ウエディングドレスのタイプによって、着用した時に目立つ部位は異なります。ドレスのデザインをより良く見せるために、美しく体を絞りましょう。
【タイプ別】ウエディングドレスの痩せる部位
  • ドレス全般…デコルテ、背中、二の腕
  • 腰部に切り替えがあるドレス(Aライン、プリンセスライン、マーメイドライン、スレンダーライン)…ウエスト

結婚式前におすすめの初心者向けダイエット方法【運動編】

ランニングをする女性
ダイエット初心者が挫折しないための秘訣は、ハードルの低いトレーニングを取り入れること。簡単な運動でも毎日続ければ気になる部位を引き締めやすくなります。こちらではウエディングドレスを着用するにあたり重点的に引き締めたい、二の腕や背中、ウエストの部分ダイエットに焦点を当てていきましょう。

二の腕痩せなら「キックバック」

ノースリーブやベアトップのウエディングドレスを着る予定の人は、キックバックと呼ばれるエクササイズとストレッチで二の腕をすっきりと見せましょう。
【二の腕を鍛えるエクササイズ】
  1. 椅子に腰かけたら、上半身を前に倒す。
  2. 肘の曲げ伸ばしを30秒行い、終わったらもう1セット行う。曲げ伸ばしの際は肘を上半身の側面に固定し、腕を後方にしっかり伸ばす。
【二の腕ストレッチ】
  1. 椅子に座った状態で、頭の上に片方の肘を曲げ、もう片方の手で肘を上から押してストレッチ。
  2. 反対側も同じ動作をする。
トレーニング中は呼吸を止めず、次のセットや違う動作をする前に15秒の休憩を入れます。

背中・肩甲骨痩せなら「キャット&カウ」

背中が大きく開いたウエディングドレスを着用する時は、天使の羽が見える、すっきりとした背中を目指しましょう。キャット&カウはヨガを始める前のウォームアップのポーズ。猫のように体を丸めたり、牛のように反らしたりする簡単な動作なので、初心者でも取り組みやすいです。
【キャット&カウ】
  1. 四つん這いの姿勢になり、腕は肩幅、足は腰幅に開く。肩の真下に手首、腰の真下に膝がくるように体の位置をキープ。お腹は平らにして、肩甲骨を閉じるように胸を下に向ける。
  2. 息を吸いながら背中を反らし、斜め上を見る(牛の姿勢)。
  3. 息を吐きながら、おへそを見るように背中を丸め、首は下に向ける(猫の姿勢)。動作中は肩甲骨と背骨を意識すると良い。
  4. ゆっくりとした動作を心がけ、上記を5~10セット繰り返す。

ウエスト痩せなら「ランニング」

腰部に切り替えのあるウエディングドレスを着用するなら、ウエストをすっきりさせることが大切です。脂肪を燃焼させるには、ランニングのような有酸素運動がおすすめ。筋トレの後に行うと、脂肪燃焼の相乗効果が期待できます。
ランニングはウエスト痩せが目的の場合、背筋を伸ばして肩を引き、お腹を引き締めるようにして、気になる部分を意識しながら走ると良いとされています。血中の脂肪は、走り始めから燃焼されるとも言われているので、5~10分でも毎日コツコツ続けるとダイエットの効果を上げられるでしょう。

結婚式前におすすめの初心者向けダイエット方法【食事・食品編】

栄養豊富な野菜サラダ
ダイエット中は運動とともに、食事も大切な要素。糖質を制限したり、タンパク質を摂取したりする他に、食事のメニューや食べる順番にも気遣う必要があります。ここでは、なりたい体型を手に入れるための、ダイエット中の食事方法を紹介します。

気になる脂肪は糖質制限で効率的に燃焼

ご飯、パンなどの主食や、芋、豆(あずき、うずら豆 、いんげん豆、えんどう豆など)、果物、砂糖などに含まれる糖質は、体に必要なエネルギー源です。しかし摂りすぎると、脂肪が増えてしまう原因に。筋トレの効果を上げるためにも、糖質制限は欠かせません。糖質制限のポイントは以下の通りです。
  • 主食を通常の半分にして、野菜を増やす
  • 間食で糖質を摂りすぎたら、夕食では控える
  • 肉や魚、野菜、海藻、きのこなどの食材をバランス良く食事に取り入れる
  • 揚げ物だけなど偏った食事をしない
糖質制限は厳しいものから緩いものまでありますが、ダイエット初心者はあまり深く考えすぎると続けられなくなってしまいます。まずは食事の際に、炭水化物の量を適量に減らすことから始めてみましょう。

燃焼アップはタンパク質を積極的に摂取

筋肉を作るために必要なのがタンパク質。不足すると筋肉が作られないため、筋トレの効果を上げられません。また乾燥肌になったり、髪がパサついたりと、美容にも影響します。特にダイエット中は、タンパク質をたくさん摂ることがポイントです。タンパク質は肉や卵、豆(大豆、枝豆など)に多く含まれているので、毎日の食事で積極的に取り入れるのが理想でしょう。粉末やドリンクタイプのプロテインで補う方法もあります。

食事メニューはご飯を野菜に「置き換え」

カリフラワーやブロッコリーの他、キャベツやきゅうり、人参などをみじん切りにしてご飯に置き換えるのも一つの方法です。おにぎりの他、洋風や和風のスープ飯などにもアレンジできます。
ただし、味付けの際は調味料に注意。ダイエット中は、糖質や脂質の多い焼肉のたれやみりん、マヨネーズ、粉チーズを多量に使うのは控えましょう。また、塩分の摂りすぎもむくみにつながりやすいです。糖質や脂質が少ない醤油や酢、粉末だし、スパイス、ノンオイルドレッシングをうまく活用すると良いです。

食べる順番はベジタブルファースト

ベジタブルファーストとは、血糖値が上がりやすい食品を後回しにする食べ方。最初に食物繊維を多く含む野菜類を食べ、次にタンパク質が多く含む肉や魚、最後に炭水化物の多いご飯やパンなどを食べます。

モチベーションアップに!結婚式前のダイエットを継続させるコツ

SNSを楽しむ女性
ダイエットを最後までやり遂げるためには、モチベーションを高めることが必要。成功体験を積み重ねる、または同じ目的意識のある仲間を作るのもポイントです。結婚式前のダイエットを継続させるコツを紹介します。

達成しやすい目標を作る

ダイエット期間中は、ハードルの低い目標をいくつか設定し、小さな達成感を積み重ねることが大切。「〇キロ減量したら、彼と旅行へ行く」、「欲しかったジュエリーを買う」など、達成した時の自分へのご褒美を用意しておきましょう。

仲間を作り、やめにくい環境を作る

1人ではくじけてしまいそうなダイエットの目標も、仲間がいると励みになり、達成できることはよくあります。SNSで目標体重を宣言したり、食事メニューや運動などのダイエット日報を投稿したりして、同じ状況のプレ花嫁とつながるのも一つの方法です。

ダイエットに成功し、自分がなりたい花嫁姿で結婚式当日を迎えよう

ウエディングドレスを着用する女性
結婚式前のダイエットは、まず目標体重や期間を設定し、どの部分を引き締めるとウエディングドレス姿がより綺麗に見えるかを考えます。ダイエットの方向性が定まったら、運動と食事の両面に気を配り、効率良くシェイプアップしていきましょう。結婚式当日までに理想の体型を手に入れ、美しいウエディングドレス姿をみんなに披露してくださいね。

婚約指輪・結婚指輪の相談ならフェスタリアへ

RELATED