SEARCH

コラム

2021.02.25

ブライダルメイクの基礎知識。自分に合ったメイクをして幸せな結婚式を迎えよう

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

ブライダルメイクとは、花嫁が結婚式で輝けるようにする特別なメイクのこと。自分のイメージ通りのメイクに仕上げてもらうためにも、事前にブライダルメイクの基礎知識をつけておきましょう。本記事ではブライダルメイクの特徴や成功させるポイント、結婚式にぴったりのヘアスタイルを紹介します。

ブライダルメイクとは

美しいメイクをした花嫁
結婚式のためのブライダルメイクは普段のメイクとは違い、より華やかなものです。まずは、ブライダルメイクの特徴や必要性について確認していきましょう。

ブライダルメイクの特徴

ブライダルメイクは花嫁の美しさを引き出すメイクのことです。ドレスやジュエリー、ブーケ、ヘアアレンジなどに合わせて華やかなメイクをします。そのため、普段のメイクがナチュラルな人には、ブライダルメイクが少し濃く感じられるかもしれません。

花嫁が輝く1日である結婚式で美しいメイクをキープするために、ベースメイクから丁寧に時間をかけて行うのも特徴。透明感のある肌に仕上げるベースメイク、写真映えする少し濃いめの眉、華やかなアイメイク、血色感を与えるチークやリップなどを意識して仕上げます。

ブライダルメイクの必要性

ブライダルメイクが必要なのは、華やかなドレスにメイクを合わせるため。普段のメイクではドレスに負けて、顔が浮いてしまうからです。ハッキリとしたメイクによって、離れた席にいるゲストからも美しい花嫁の姿がとらえられます。

また、結婚式は花嫁が写真をたくさん撮られる日です。写真を撮る際、メイクが薄いとぼんやりした印象になってしまいます。美しい姿を思い出に残すためにも、写真映えするブライダルメイクが必要です。    

ブライダルメイクを成功させるポイント

メイクをしてもらっている花嫁
結婚式という大切な日に、ブライダルメイクが失敗したらと心配になる人も多いです。成功させるためには、自分が理想とするメイクのイメージをしっかりと固めておくことが大切。ここでは、ブライダルメイクを成功させるためのポイントを紹介します。

ヘアメイクリハーサルをする

本番用のヘアメイクを事前に試せる、ヘアメイクリハーサル。どのようなヘアメイクにするか相談しながら、2~3時間程度かけて行います。挙式プランに入っている、もしくは別途料金になる場合があるので、担当プランナーさんに確認しておきましょう。

リハーサルの参加は任意ですが、行っておいた方が本番のヘアメイクを想定できるので安心です。本番ではメイクが気に入らなくても直す時間がありません。その点リハーサルを行っておけば自分の希望を伝えられるので、本番も成功しやすいです。本番前に担当メイクさんに会えば、ブライダルメイクへの不安もとりのぞけます。

メイクさんに自分の希望を伝える

担当のメイクさんに自分の理想を伝えておくと、メイクの仕上がりに満足しやすいです。大人っぽいエレガント系、涼やかなクール系、華やかなフェミニン系など、好みのイメージを伝えてみてください。メイクのイメージが分かる写真を見せるのもおすすめです。

顔のパーツでコンプレックスがあるのなら、そこをカバーできるようにお願いすると綺麗に仕上げてくれます。アイプチやアイラインなど、メイクのこだわりがあるのならこの場で相談しておきましょう。その他、メイクをする際に注意してほしいことも伝えておくと安心です。肌が弱い場合はその旨を伝え、自分に合わないスキンケアや化粧品などは避けてもらうようにしてくださいね。

身に着けるアイテムに合わせる

ドレスやジュエリー、ヘアスタイルなどに合わせてメイクを考えると、統一感のある美しい仕上がりに。シンプルですっきりとした印象のドレスならスタイリッシュ系のメイク、ふんわり感のある華やかなドレスならフェミニン系のメイクなどが適しています。

ドレスや小物を決めてから、メイクのイメージを固めるとズレがありません。リハーサルをするのなら、事前にドレスや小物の写真を撮っておいて担当メイクさんにも見てもらうとスムーズです。

ブライダルメイクに関するQ&A

コスメとジュエリー
リハーサル時にメイクの仕上がりがしっくりこないなど、気になることが出てくる場合もあります。結婚式を気持ちよく過ごすためにも、このような疑問や悩みは解決しておいた方が良いでしょう。ブライダルメイクに関するQ&Aを紹介しますので、参考にしてみてください。

メイクが気に入らなかったらどう伝えれば良いか

リハーサルでは意見をはっきりと伝えることが大切です。メイク前に自分のイメージをより具体的に伝えておけば、理想の仕上がりとのズレを防げます。メイク後も気になる部分は伝えて直してもらうようにし、納得のいくメイクにしてもらいましょう。

担当メイクさんとの相性もあるので、気になるようなら担当者を変えてもらうという方法もあります。必ずしも式場のメイクさんにお願いする必要はないので、外部のヘアメイクさんを利用する人もいるようです。

自分でメイクができるか

似合う色や似合うメイクは、自分が一番分かっていることも。こだわりがあるのなら、自分でメイクをした方が良い場合もあります。ただしブライダルメイクは華やかなドレスに負けないように仕上げる必要があるため、普段のメイクとは違うことを念頭に置いておきましょう。

自分1人で行うのではなく、メイクさんと一緒にブライダルメイクを仕上げるのもおすすめです。その場合、アイメイクなどこだわりのあるパーツだけ自分で行うと伝えてみてくださいね。

愛用している化粧品は持ち込めるか

愛用のスキンケアやコスメでブライダルメイクをしてもらうことも可能です。愛用のものじゃないと肌トラブルを起こすという人もいるので、メイクさんにその旨を伝えると良いでしょう。リハーサルの段階で持ち込みし、メイクしてもらうのがおすすめです。  

ブライダルメイクに合わせたいヘアスタイル

シニヨンヘアの花嫁のうしろ姿
花嫁を美しく見せるためには、ヘアスタイルも重要です。アップスタイルやダウンスタイルなど、ヘアスタイルによって雰囲気が変わるので、自分のイメージに合わせて選びましょう。ここでは、結婚式におすすめのヘアスタイルを紹介します。

王道のアップヘア

髪を結いあげたアップスタイルは花嫁の王道ヘアスタイルです。短い髪でもできるシニヨンはナチュラルで上品な印象に仕上がります。格調高いクラシカルなスタイルに憧れるなら、低い位置で髪を束ねて結び目に入れるギブソンタックがおすすめ。顔の横に毛束を持ってくるサイドアップは華やかな印象のスタイルになります。    

清楚なハーフアップ

耳から上の髪だけをまとめるハーフアップも人気です。顔周りの髪をまとめるので、ダウンスタイルでもすっきりとした清楚な印象に仕上がります。三つ編みやねじりなどのアレンジを加えたおしゃれなハーフアップは、結婚式のヘアスタイルにぴったりです。  

華やかな編み込み

編み込みはどんな髪の長さにも取り入れられ、華やかさをプラスできるヘアアレンジ。結婚式のヘアスタイルにもぴったりです。ボブやショートなどの短い髪でも、編み込みを入れて毛先を少し巻くだけで華やかに仕上がるでしょう。長い髪は毛先まで編み込んで、プリンセスのようなロマンチックなスタイルにするのも素敵です。  

婚約指輪・結婚指輪の相談ならフェスタリアへ

自分の魅力を引き出すブライダルメイクで最高の結婚式に

ブーケを持って微笑む花嫁
ブライダルメイクは普段とは違う結婚式のためのメイクです。花嫁の美しさを引き出すためのものなので、担当のメイクさんには自分の希望を伝えてしっかりと仕上げてもらうことが大切。リハーサルをしておけば、本番も安心して臨めるでしょう。自分に合ったブライダルメイクで、最高の結婚式を挙げてくださいね。

RELATED