SEARCH

コラム

2022.02.10

「サンクスダイヤモンド」に想いを込めて!結婚式・披露宴で両親に感謝を贈る「Thanks Ceremony」とは

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

結婚式・披露宴を行いたいけれど、コロナ禍で迷っているカップルも多いはず。未だ先行きが不透明な状況を考えて、“少人数婚”という選択をしてみてはいかがでしょうか。今回は、少人数婚ならではの魅力や利用者の声とともに、家族やゲストと心の距離が縮まり、親御さまへ感謝の気持ちを伝えられるおすすめのサービス「Thanks Ceremony」を紹介します。また、festaria journalの読者限定プレゼントもありますので、こちらもお見逃しなく!

結婚式のスタイルが変化?今、少人数婚を選択する人が多い理由

教会で行う挙式
新型コロナウイルスの蔓延、そしてコロナ禍への突入で結婚式のスタイルに変化が表れています。コロナ禍の影響で結婚式の規模が少人数化していく中、家族や親族、親しい友人など“本当に身近な人だけ”を招待して「小規模でもあたたかい結婚式をしたい」という需要が増加。
それによって、少人数での結婚式・披露宴やオンライン挙式など、身内や親しい人だけを集めた“少人数婚”を選ぶカップルが増えました。ゲストが身近な人たちだからこそ行える演出があったり、ゲストとの距離が近くアットホームな雰囲気にできたりするのが少人数婚の魅力です。
笑顔の木村さんご夫婦
また「ゼクシィ 結婚トレンド調査2021調べ」によると、招待客1人あたりの料理費用(飲み物は除く)や、ギフト費用が前回の調査よりもアップするなど、ゲストへのおもてなしにお金をかけるカップルが増えているよう。従来の結婚式という選択肢だけでなく、家族やゲストとの絆を深めるため、そして美しい思い出をつくるための「儀式」として結婚式を選択する新郎新婦が増えています。

身近な方に感謝を伝えられるサービス「Thanks Ceremony」とは

「Thanks Ceremony」を行う木村さんご夫婦
「Thanks Ceremony」は、親御さまへの感謝の気持ちを“サンクスダイヤモンド”に込めて伝えるセレモニー。家族や親族など、本当に身近な人だけで行う少人数婚にぴったりです。日頃はなかなか伝えきれない感謝の気持ちを届ける機会とともに、両家の親御さまへの記念品を『festaria BRIDAL』×『スマ婚』が提供いたします。

プラン詳細

「Thanks Ceremony」では、ネックレスとピンブローチのセットを記念品としてプレゼント。ふたつの家族がつながり、幸せな未来へ続くおめでたいご縁をイメージしたジュエリーに、“Wish upon a star®︎”カットが施されたダイヤモンドが輝きます。
ネックレスとピンブローチが入ったケース
【プレゼント内容】
①“Wish upon a star®” Twinkleピンブローチ (キュービックジルコニア SV ロジウム/PG コーティング)
②“Wish upon a star®”ダイヤモンド ネックレス (トップ K10WG/PG、チェーン K10PG、 ダイヤモンド0.05ct・ホワイトトパーズ)
③フォトスタンド型特製ケース
④選べるビジュアルシート&メッセージ
“Wish upon a star®”とは、大小ふたつの星がカットの中に映し出される、フェスタリアのオリジナルプレミアムカット。厳選された原石を熟練マイスターが1点ずつ手作業で生み出す、世界にひとつだけの特別なダイヤモンドです。
ダイヤモンドの中の小さな星は「現在のふたり」を、その小さな星を取り囲む大きな星は、幸せ輝く「未来のふたり」を象徴しています。これまでのおふたりが「親御さまからもらった愛情」を、これからのおふたりが「感謝の気持ち」として返していく。そんな想いを込めるにふさわしい、正に特別なダイヤモンドです。
輝く“Wish upon a star®”ダイヤモンド ネックレス
「Thanks Ceremony」では、おふたりの想いが込められた特別なダイヤモンドが輝くネックレスと、同じ“Wish upon a star®”カットが施されたキュービックジルコニアが輝くピンブローチを、結婚披露宴中に親御さまへ渡すセレモニーを行います。
煌めく“Wish upon a star®” Twinkleピンブローチ
フォトスタンド型の特製ケースを開けた瞬間に広がる、おふたりの未来を思わせる眩い輝き。子どものハレの日を迎えた、親御さまの心も明るく照らしてくれるでしょう。

大切な人たちに感謝を伝えてみてどうだった?利用者の声を紹介

親御さまへの“ありがとう”と“これからもよろしくね”という気持ちを、形にして伝えられる「Thanks Ceremony」。実際にどのようにして感謝を伝えられるのか気になりますよね。そこで、実際に「Thanks Ceremony」を利用された大阪在住:木村さんご夫婦に感想を聞いてみました!
並ぶ木村さんご夫婦
木村啓太 様・木村佳苗 様
――なぜ、今回「Thanks Ceremony」を利用してみようと思ったのですか?

記念品のネックレスやブローチがとても素敵で、両親に贈るのに良いなと思いました。
――実際に「Thanks Ceremony」を利用してみていかがでしたか?

両親に箱を開けて贈る時にライトアップしていただき、演出が綺麗でした。
――身近な人たちからの反応はいかがでしたか?

両親からは「上品で嬉しかった」と喜んでいただけました。
――「Thanks Ceremony」ならではのメリットやポイントは何かありましたか?

ネックレスやブローチも素敵なのですが、入れていただける箱が特に素敵でした。
笑顔の木村さんご夫婦
―― 「Thanks Ceremony」を検討しているカップルに向けて一言お願いします。

「Thanks Ceremony」では、コロナ禍の中で来ていただける親族やゲストに“ありがとう”の気持ちをたくさん伝えられました。また、ネックレスやブローチは両親にプレゼントする機会が少ないかと思いますので、きっと親御さんにすごく喜ばれると思います。結婚式や披露宴を検討しているカップルの方にも、ぜひ「Thanks Ceremony」を体験していただきたいです。

【festaria journalの読者限定】条件を満たした方全員に「Thanks Ceremony」をプレゼント

ネックレスとピンブローチが入った特別ケース
今回は、festaria journalの読者だけに特別なプレゼントをご用意いたしました。その内容は、ご紹介してきた「Thanks Ceremony」!
プレゼントの条件はたったひとつ。『スマ婚』が提供する披露宴で、対象人数(20名)を超えるプランへのお申込みをされる際に、本記事の画面を提示すること。なんと「抽選」ではなく、条件を満たした方なら「どなたでも利用可能」です。
スマ婚なら、費用を抑えつつ上質な結婚式が叶えられます。ホテル・ゲストハウス・レストランなど、選べる会場は全国350ヵ所。上質な空間の中で、おふたりのこだわりが詰まったスマートな結婚式を挙げられます。
より自由に、そしてカジュアルに。美しい結婚式をサポートするスマ婚は、ウエディングプランが多彩。スタンダードな挙式と披露宴がセットの「スマ婚プラン」を始め、親しい人との絆を深める「スマ婚少人数挙式ライトプラン」、贅沢な前撮りと挙式がセットになった「マイクロウエディング」など、理想の結婚式を叶えられるプランが揃っています。
並ぶ新郎新婦
「スマ婚プラン」は、挙式+披露宴をしっかり行いたいカップル向けのプラン。多くの選択肢の中から、おふたりの「やりたい」が叶うこだわりの結婚式が実現します。家族や親族、親しい友人などを呼ぶ20名の挙式+披露宴で、801,070円~という嬉しい価格設定です。
「スマ婚少人数挙式」は、ふたりだけ、または家族・親族など親しい人と結婚式をしたい方にぴったりのプランです。低価格ながら、ウエディングドレスやタキシード、チャペル、結婚証明書、ヘアメイクなど、結婚式で必ず使用するサービスがすべてプランに含まれています。
こちらのプランの想定ゲスト人数は、6名~20名。少人数婚でも、20名を超えるプランをお申込みされると、festaria journalの読者限定プレゼント「Thanks Ceremony」をご利用できます。お申し込みの際は、本記事の画面提示をお忘れなく。
親御さまに“ありがとう”の気持ちを伝えたい方、少人数婚で心に残る特別な演出を行いたい方、両家の絆を深めたい方は、ぜひ「Thanks Ceremony」をご利用ください。きっと、親御さまの喜ぶ姿が見られるはず。

「本当に身近な人だけ」を呼ぶ少人数婚で、一生の思い出となる結婚式・披露宴にしよう

並ぶ木村さんご家族
コロナ禍がきっかけで、多くのカップルから支持されるようになった少人数婚。“本当に身近な人”と行う結婚式は、ゲストとの距離が近くてアットホームな雰囲気が魅力です。
今回ご紹介した「Thanks Ceremony」は、親しい人だけを呼ぶ少人数婚にぴったり。結婚式では、花嫁の手紙など親御さまへ感謝を伝えられる演出もありますが、「Thanks Ceremony」ならおふたりの想いがより伝わるでしょう。ぜひこの機会に、『festaria BRIDAL』の商品や『スマ婚』のプランをご確認ください。
そして結婚式・披露宴の当日は、親御さまや身近な人にたくさんの“ありがとう”を伝えて、自分たちはもちろん、全員の心に深く刻まれる素敵な一日にしてくださいね。

RELATED