SEARCH

コラム

2020.09.07

11月の誕生石「シトリン」の魅力とパワー。相性の良い石はなに?

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

シトリンとは、クォーツ(水晶)の中で黄色からオレンジの発色があるもののことを指します。クォーツは何千年も前から装飾品として重宝されてきましたが、シトリンもこの一種です。この記事では、シトリンの歴史や由来、石言葉や誕生石としての楽しみ方、相性の良い宝石やお手入れ方法について解説します。

希望の宝石「シトリン」とは

大きなシトリンの石

大きなシトリンの石

クォーツの中で黄色く色づいているものを、シトリンと呼びます。シトリンの和名は、黄水晶です。太陽のような輝きを持ち、希望の宝石と言われることもあるシトリンとは、どのような宝石なのでしょうか?

シトリンの由来・産地

「シトリン」の名は、フランス語でレモンを意味するcitron(シトロン)に由来しています。シトリンの主要な産出地は、ブラジル、ボリビア、スペイン、マダガスカルなどです。なかでもブラジル産のシトリンは、世界最高級の品質であると称されています。

シトリンの歴史

シトリンはクォーツの一種ですが、その歴史はとても古いものです。クォーツは何千年も昔から、装飾品に使用されてきました。ビクトリア朝時代のペンダントやブローチには、シトリンがあしらわれているものも数多くあります。

そして近代でも、シトリンは変わらず人気を誇っているようです。フランスの高級宝飾ブランドであるカルティエがインドのマハラジャのために制作したダイヤモンドのネックレスには、センターに大きなシトリンがあしらわれており、存在感を放っています。

シトリンの石言葉

宝石にはそれぞれ、その石の特質に合った石言葉があります。シトリンの石言葉は、「繁栄」「成功」「富」「幸福」「希望」です。特に富や金運を象徴する宝石として、シトリンには商売繁盛のパワーがあると考えられ大切にされてきたようです。

シトリンの特性

シトリンの黄色やオレンジ色は、クォーツの結晶構造に含まれているごく少量の鉄分によるものです。クォーツの鉄分が光の波長によって、黄色やオレンジ色に輝いて見えます。

自然界に存在するシトリンはアメシストが地熱などでじっくり熱せられ、シトリンへ変化したものです。天然のシトリンは非常に希少で、価値が高いと言われています。市場には数多くのシトリンが出回っていますが、そのほとんどはアメシストを人工的に熱処理したものであると考えて良いでしょう。

シトリンの持つパワー

宝石には、それぞれ秘められたパワーがあると考えられています。まるで太陽のように明るく光を放つシトリンには、人間関係をサポートするパワーがあると考えられています。また、身に着ける人を好奇心旺盛にしたり、前向きな気持ちにしたりするパワーもあるようです。

金運アップや商売繁盛にもパワーを発揮すると信じられているので、新しい事業をこれから始めたいと考えている人には、成功へと導いてくれる心強いお守り代わりになってくれることでしょう。

シトリンの楽しみ方

いろいろな形のシトリン

いろいろな形のシトリン

シトリンは、11月の誕生石でもあります。シトリンはお守りとしてもおすすめの宝石で、いろいろな楽しみ方ができます。ここではシトリンの持つパワーや身に着け方を紹介します。

シトリンは11月の誕生石

誕生石とは、1月から12月までの各月にあてはめられた宝石のことです。自分の誕生石を身に着けると幸運が訪れるという言い伝えもあり、誕生日や記念日に自分の誕生石があしらわれたジュエリーをプレゼントされたことのある人もいるかもしれません。

シトリンは11月の誕生石の1つとして知られています。他にも11月の誕生石には、トパーズがあります。もちろん誕生石でなくても身に着けて構いませんので、その日の気分に合わせて宝石を選んでも良いでしょう。

曜日石としての楽しみ方も

宝石には誕生石の他に、曜日石も設定されています。曜日石とは、日曜日から月曜日までそれぞれの曜日にあてはめられた宝石のことです。曜日石は生年月日によって決まります。これが誕生石のルーツにもなりました。

日曜日はルビー、月曜日はムーンストーンなど自分の生まれた日の曜日に合わせた曜日石を身に着けることで、運気がアップすると言われています。シトリンは、水曜日の曜日石です。自分の生まれた日の曜日石を調べてみてはいかがでしょうか。

相性の良い宝石と組み合わせて

シトリンを単体で楽しむのも良いですが、相性の良い他の宝石を組み合わせることもおすすめです。シトリンと他の宝石を組み合わせることで、互いの持つ石のパワーを高め合うことができるかもしれません。

例えばシトリンと、同じく鉄分を含むアメシストは、相性抜群の組み合わせ。この組み合わせには、自分でさえ気付いていない潜在能力を高めるパワーがあるとされています。身に着ける人の環境を浄化して活性化させてくれる相性で、新しい仕事に取り組む時には心強いサポートとなるでしょう。

鮮やかな赤色やオレンジ色のカーネリアンも、シトリンと相性の良い宝石の1つです。モチベーションを高めてくれる、勇気とパワーを引き出してポジティブな気持ちになれるようです。そのため、新しいことを成し遂げたい、目標を達成したいといった人におすすめの組み合わせです。

シトリンのお手入れ・保管方法

レースの上に置かれたシトリン

レースの上に置かれたシトリン

シトリンの硬度は7であり、比較的ジュエリーとして扱いやすい耐久性を持った宝石といえます。しかしダイヤモンドやトパーズなど、より硬い宝石との接触でキズが付いてしまうことも。ここでは永く美しいシトリンを身に着けられるよう、適切なお手入れ方法を解説します。

普段のお手入れ

シトリンを身に着けた後は、水を張った洗面器の中で歯ブラシを使って汚れを落とします。力を入れすぎず、優しく磨くように擦りましょう。汚れが落ちたら真水でよくすすぎ、やわらかい布で水分を拭き取ります。その後、自然乾燥させましょう。

指紋や手垢は思った以上に目立ちますので、まめに拭き取りましょう。また急激な温度変化は破損の原因になります。水で洗浄した後は、必ず水分を拭き取るようにしてくださいね。

保管は直射日光の当たらない場所に

シトリンを保管する時は、直射日光を避けます。これは日光を長時間当てると、退色の原因になってしまうためです。またフッ化水素酸、フッ化アンモニウム、およびアルカリ溶液によっても損傷のおそれがあります。また他のジュエリーと一緒に保管する時は、ダイヤモンドなどの硬い宝石とぶつかることのないようにしましょう。

心を明るく照らすシトリンジュエリー

シトリンとダイヤモンドのネックレス

シトリンとダイヤモンドのネックレス

太陽のような明るさが印象的なシトリンは、身に着けるだけでコーディネートがパッと華やぐ宝石です。ここでは、シトリンをあしらった人気のジュエリーを紹介します。

キュービックがシトリンを囲む華やかなネックレス

フェスタリアのシトリンとキュービックネックレス

フェスタリアのシトリンとキュービックネックレス

K10ピンクゴールド シトリン・キュービック ネックレス
¥18,000円(税抜)※価格は予告なく変更する場合がございます。

センターに配置されたシトリンを取り囲むようにキュービックがセッティングされた、華やかなデザインのネックレス。ピンクゴールドのチェーンが女性らしさを強調して、さりげなく胸元を飾ります。

しずく型が印象的なシトリンピアス

フェスタリアのシトリンピアス

フェスタリアのシトリンピアス

K14イエローゴールド シトリン ピアス ※片方売り
¥17,000円(税抜)※価格は予告なく変更する場合がございます。

大粒のしずく型のシトリンをあしらったピアス。シトリンの周囲をイエローゴールドのラインが縁取って、上品でシンプルなデザインです。チェーンの長さを変えることができるので、その日のファッションに合わせてさまざまな表情を楽しめるピアスです。

シトリンジュエリーを身に着けて前向きな自分に

シトリンのネックレスやリング

シトリンのネックレスやリング

まるで太陽のような華やかにきらめくシトリン。身に着けるだけで、明るく前向きな気持ちになれるでしょう。新しいことを始める時やモチベーションを上げたい時には、シトリンをあしらったジュエリーを身に着けてみてはいかがでしょうか。

RELATED