SEARCH

コラム

2021.04.15

月モチーフは優しさの象徴。頑張る自分のご褒美にしたいネックレスを厳選

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

昔から女性らしさや優しさの象徴である月モチーフのネックレス。魅力を引き立てるジュエリーとして多くの女性から選ばれています。今回は、女性から人気の高い月モチーフが持つパワーや意味、使われる石の意味をまとめました。自分へのご褒美にしたいネックレスの選び方やおすすめの月モチーフネックレスも紹介します。

ネックレスにぴったり。月モチーフが持つパワーや意味

月モチーフの置物
月は、古来より女性の心と体に影響を与えると言われています。毎日身に着けやすい月モチーフのネックレスなら、知性を高めたり、心を落ち着かせたりといったパワーを感じるかも知れません。まずは、月モチーフのもつ意味や起源について紹介します。

月の持つパワー

月の満ち欠けと女性の体には強いつながりがあるようで、月の変化と合わせるように女性の体と心も変化します。特に満月はエネルギーが最大のため、女性の心と体に影響が出やすい時期と言われています。
眠れない、イライラするという時は、リラックスを意識して過ごしましょう。また、陰となる月のパワーを取り入れた時は、陽となる太陽のパワーも取り込んで、陰と陽のバランスをとることも大切です。

月モチーフの意味

月モチーフのネックレスは、母性を引き出すと言われ、女性らしさや優しさを表すモチーフとして知られています。真っ暗な夜を照らすやわらかな月の光は、知性を高めて心を落ち着かせる効果も。
また、周期で姿を変える月は成長の象徴でもあるため、頑張る自分へのご褒美にぴったりのモチーフです。毎日身に着けていると、正しい方向へと導いてくれそうです。

月モチーフの起源

ギリシャ神話では、月そのものと称えられた女神エウリュノメが最初に産まれ、太陽や月、神を産みだしたと言われています。また、古くから女性と結びつけられてきた月は、古代ギリシャだけでなく、さまざまな地であらゆる生命を産む女神としてたたえられてきました。そのため、月モチーフは女性らしさや母性の象徴とされ、現在も多くの人に愛されるモチーフのひとつとして人気があります。

使いやすいネックレスの選び方

月モチーフのネックレス
女性らしさを引き出し、知性を高めるパワーを持つ月モチーフのネックレス。毎日身に着けたいアイテムこそ、長く愛用できるお気に入りを見つけたいですね。使いやすいネックレスの選び方を紹介します。

素材で選ぶ

自分へのご褒美として購入するなら、年齢を重ねても永く使える素材を選ぶのがおすすめです。20代からは大人の女性への一歩として、質を重視したジュエリーを選ぶのがポイント。高級感のある上質な素材なら、永く使えるだけでなく、毎日身に着けることで自分だけのお守りのような存在になります。

地金から選ぶ

ジュエリーは、使われている地金によってもイメージが変わります。一般的な地金には、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドやプラチナの3つの色があります。顔周りにゴールドやシルバーのジュエリーをあてて、顔映えの良い方を選ぶようにしましょう。
ゴールドが似合う人はイエローゴールドやピンクゴールドを、シルバーが似合う人はホワイトゴールドやプラチナがおすすめです。

長さで選ぶ

ネックレスには、チョーカー、プリンセス、マチネ、オペラ、ロープの5種類の長さがあり、それぞれ印象が異なります。毎日身に着けるなら、長さが40~45cmのプリンセスタイプがおすすめです。トップの部分が鎖骨の辺りにくるため、どんなファッションにも合わせやすく、知的な印象を与えてくれます。

ブランドで選ぶ

日本のブランドは繊細で華奢なデザインが多く、海外ブランドはユニークで個性的なデザインが多いのが特徴です。年齢によっても人気のデザインが違うので、自分の年齢にあったブランドを選ぶのもひとつの方法です。自分の年齢に合うデザインなら、自分だけのシンボルとして光輝いてくれますよ。

デザインで選ぶ

選ぶのに迷った時は、人気の宝石やその宝石をあしらったデザインを選ぶのもひとつの方法です。誕生石をあしらったネックレスなら、宝石が小さめでシンプルなデザインを選ぶと、シーンを問わず身に着けやすいですね。

ネックレスは使われる石の意味にも注目

ダイヤモンドの月のネックレス
月モチーフに意味やパワーがあるように、石も意味やパワーを持っています。特にパールは、月のしずくとも呼ばれ、月と深い関係があると言われています。モチーフと石の組合せによっては、さらにパワーを高めるかもしれませんね。ネックレスを選ぶ時は、モチーフだけでなく使われている石の意味もチェックしましょう。ここでは、代表的な石とその意味を紹介します。

パール

幾重にも重なった層で作られているパールは、しっとりとした艶めきが美しい宝石です。子宝や富の象徴とも言われ、縁結びや結婚、妊娠、安産などのお守りとしても知られています。パールの色によって石言葉は変わり、ホワイトパールは「魅力」「母性愛」「絆」、ブラックパールは「静かな力強さ」、ピンクパールは「辛抱強い愛」という意味です。

エメラルド

グリーンの鮮やかな発色で古くから多くの女性を虜にしているエメラルド。別名「宝石の女王」とも言われ、クレオパトラが愛用していた宝石としても知られています。石言葉は、「幸福」「幸運」「愛」「希望」です。ヒーリング効果の高い宝石とされ、身に着けることで心と体のバランスや感情を安定させてくれます。

サファイア

一般的なサファイアはブルーですが、ピンクやイエロー、オレンジなどさまざまなカラーがあり、ブルー以外のサファイアはファンシーサファイアと呼ばれています。石言葉は、「慈愛」「誠実」「真理」「貞操」「友情」です。知性と判断力をアップし、身に着けた人に幸運をもたらすと言われています。

ダイヤモンド

最も硬度の高い宝石として知られるダイヤモンドには、「強い絆」や「永遠の絆」という意味があるため、婚約指輪や結婚指輪に使われる宝石として人気です。透明で美しい輝きは、才能を引き出し目的を達成させる効果があるため、毎日のお守りとして身に着けたいですね。ダイヤモンドの石言葉は「永遠の絆」「純潔」「純愛」「不屈」です。

フェスタリアのおすすめ月モチーフのネックレス

女性らしい印象を与える月モチーフのネックレス。フェスタリアには、自分へのご褒美に選びたくなる月モチーフのネックレスが揃っています。おすすめのネックレスを厳選して紹介します。

満月のようなパールと新月を組み合わせたネックレス

淡水パールとK10イエローゴールドのネックレス

via www.festaria.jp

¥21,560(税込)
※商品価格は予告なく変更する場合がございます。
満月のように白く輝く淡水パールとダイヤモンドがきらめく三日月の組合せが、新月から満月へ移り変わるようなデザインのネックレス。カジュアルなファッションのアクセントとしても最適です。

お守りのように曜日石が輝くネックレス

エメラルドがアクセントのK18イエローゴールドネックレス

via www.festaria.jp

¥67,760(税込)
※商品価格は予告なく変更する場合がございます。
月モチーフの中央に、曜日石のエメラルドが輝くお守りのようなネックレス。三日月の先端には、ふたつの星が輝くフェスタリアのオリジナルカット“Wish upon a star®“のダイヤモンドが星のようにきらめいています。

ビタミンカラ―が元気をくれる月モチーフネックレス

ファンシーサファイアを組み合わせたK18イエローゴールド

via www.festaria.jp

¥198,000(税込)
※商品価格は予告なく変更する場合がございます。
イエローゴールドとファンシーサファイアの組み合わせが華やかなネックレス。中央にはふたつの星が輝くオリジナルカット“Wish upon a star®“のダイヤモンドがあしらわれた、月と星のつながりを感じさせるデザインです。

法則が生み出した美しい月モチーフのネックレス

ダイヤモンドがきらめくK18イエローゴールドネックレス

via www.festaria.jp

¥440,000(税込)
※商品価格は予告なく変更する場合がございます。
アルゴリズムの法則を用いた、大胆で繊細なラインの月モチーフネックレス。ダイヤモンドをあしらった三日月モチーフと、動きに合わせて揺れる星の組合せは光を受けると輝きを増し、大人の遊び心をくすぐります。

月モチーフのネックレスを身に着けて幸せを引き寄せよう

女性の心と体に影響を与える月をモチーフとしたネックレスは、お守りのように身に着けたいジュエリーです。また、成長の象徴でもあるため、頑張る自分へのご褒美としてもピッタリ。
使いやすさや、使われる宝石の意味にも注目しながら、自分に合う1本を探してくださいね。お気に入りの月モチーフネックレスを身に着けて、幸運を引き寄せましょう。

婚約指輪・結婚指輪の相談ならフェスタリアへ

RELATED