SEARCH

コラム

2021.04.14

【男女別エピソード付き】結婚の決め手は? 結婚前に確認したいポイントも解説

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

結婚は、人生にとって大きな決断です。そのため長年付き合っている恋人がいても、結婚の決め手となるものが見つからず、踏み切れない人も少なくありません。本記事では、男女別の結婚の決め手をエピソードとともに紹介します。結婚する際に、恋人に対して確認すべきポイントもみていきましょう。

結婚のタイミング

結婚指輪を着けた男女の手元
結婚のタイミングはカップルによって異なります。付き合って1年以内に結婚するカップルもいれば、長年付き合っていて、結婚に踏み切れないカップルも。結婚の決め手の前に、まずは気になる結婚のタイミングについて紹介します。

結婚の平均年齢を意識した時

日本では結婚する年齢が年々高くなっており、厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)の概況 」によると、平均初婚年齢は男性31.2歳、女性29.6歳との結果が出ています。
一般的に30歳前後を目安に結婚を決めるカップルが多いようです。また、20代後半になると結婚する友人も増え、男女ともに結婚を意識して婚活を始める傾向にあります。

結婚の決め手が見つかった時

結婚の平均年齢はあくまでも目安で、結婚するタイミングは必ずしも人と一緒ではありません。お互いに「この人と結婚したい」と思う決め手が見つかったタイミングで、自然と結婚に進むこともあります。周囲に流されず、自分達のタイミングで結婚を決めてくださいね。  

【女性】結婚の決め手・エピソード

ソファでくつろぐカップル
まずは、女性の結婚の決め手、結婚を決めた時のエピソードを紹介していきます。恋人との結婚に踏み切れない人は、ぜひ参考にしてみてください。既婚者達の結婚の決め手となった点が、自分の恋人にもあるのなら、結婚を考えてみるのも良いかもしれません。    

価値観が近い

「育った環境が似ているからか、話が合うと感じた。結婚してからも楽しく過ごせるイメージができた」
優先するものなど、価値観が近い者同士であれば、結婚してからの生活もスムーズに進みやすいです。家庭、仕事、子どもに対する価値観が同じだと良いでしょう。
自分と違う面や考え方を持つ人は魅力的ですが、結婚では衝突するきっかけになる場合も。相手に合わせる努力をするより、価値観の近い人をパートナーにした方が精神的にも楽なケースが多いです。

経済力がある

「子どもができたら育児に専念したいと思っていた。仕事を辞めても経済力がある人なら安心と感じて結婚を決めた」
好きの気持ちだけでは、なかなか結婚に踏み切れないことも。生活を考えれば、経済力も結婚の決め手として大切なポイントです。共働きをするつもりがあっても、子どもができれば産休・育休で仕事を休む期間があるので、一時的に収入が減ることも考えられます。そのため、いざという時に相手が収入面をカバーできるかを考える女性も多いです。

一緒にいると居心地が良い

「自分がいつでも自然体で過ごせる相手なので、結婚生活もイメージしやすかった」
一緒にいる時間に自分がリラックスできるかを、結婚の決め手とする場合もあります。結婚したら、これから先ずっと一緒に過ごすことになるため、居心地の良い相手は自然と結婚までを意識しやすいようです。ドキドキする刺激的な関係も良いですが、結婚の決め手とするなら、気を遣わずに自分らしくいられる相手を求める声も。

大切にしてくれる

「自分が仕事で悩んで大変な時にずっと支えてくれた。その時、この人は自分のことを本当に大事にしてくれていると感じて結婚を意識した」
結婚するなら自分を大切にしてくれる人であることも重要。話を聞いてくれたり、自分のことを真剣に考えてくれたりする相手なら、結婚してからも幸せになれそうと感じる女性も多いです。

義親が付き合いやすい

「相手の親が自分を娘のように扱ってくれた。結婚後も上手くやれそうと思った」
結婚は家同士の結びつきなので、相手の親とも付き合いが続きます。親の住居が遠方の場合は、お盆や年末年始に帰省しなければならないことも。そのため、付き合いやすい義親かどうかも結婚の決め手となります。

【男性】結婚の決め手・エピソード

料理を一緒にするカップル
結婚はお互いの気持ちが合致しないと上手く運びません。男性側の心理も知っておくと、結婚へと駒を進めやすいでしょう。ここでは、男性の結婚の決め手やエピソードを紹介します。

安心感を得られる

「仕事で悩んでいる時に、何時間も話を聞いてくれる姿を見て、この人となら自分も幸せになれると思った」
男性は、結婚相手には刺激よりも安心感を求める傾向にあります。そのため、家に帰ってきてホッとできるような相手であると、結婚を意識しやすいようです。時には頼ったり、甘えたりできる相手になれると良いでしょう。

家事ができる

「家で過ごす時に一緒に家事をしていたら、結婚生活が自然と想像できた」
共働きで家事を分担する夫婦が増えており、男性も積極的に家事を行う社会になってきています。しかし、男性が家事をリードする家庭はまだ比較的少ないため、料理、掃除、洗濯など、家事を一通りできるような女性を魅力的に思うことも。

金銭感覚が似ている

「デートの前日、先週はふたりでお金をいっぱい使ったから今週はおうちデートにしようと言われ、この人になら結婚後もお金の管理を任せられそうと思った」
金銭感覚が異なると、生活をする際にズレを感じる場合があります。反対に、同じような金銭感覚を持っていると安心できるため、お金の管理や使い方を見て、結婚を意識することもあるようです。

マナーを守る

「相手の所作が綺麗で、この人なら親はもちろん、職場や友人にも紹介できるなと思った」
礼儀作法などがきちんとしている女性は、結婚を意識されやすいです。挨拶ができる、食べ方や歩き方、姿勢などが綺麗、礼儀やマナーを分かっているなど、男性が気になるポイントをクリアできる女性になれると良いでしょう。

一途に尽くしてくれる

「自分に尽くしてくれるだけでなく、親や友人にも気を配る姿を見て、結婚したいと思った」
女性に尽くされたいと思う男性も多いです。そのため、気配り上手で、外では男性を立ててくれるような女性を理想としていることもあります。

結婚前に確認すべきポイント

朝食を食べるカップル
付き合う分には問題ない相手でも、一緒に生活すると価値観のズレを感じるケースもあります。結婚を決める前に、相手とこれから先ふたりで生活できるのかをきちんと確認しておきましょう。ここでは、結婚を決める際に確認すべきポイントを紹介します。    

生活スタイルが合うか

結婚後にお互いの生活スタイルにズレがあるとストレスになることもあります。食事のタイミング、眠る前の過ごし方など、生活スタイルの違いによっては相手に合わせなければならない場合も。トイレやお風呂の使い方、服の収納の仕方、お皿の洗い方など、細かな点が気になる人もいます。
生活スタイルの違いが許容できる範囲か、相手と話し合って解決できるかなどを、結婚前に確認しておくと安心です。家事を行うかなどもチェックしておきましょう。

お金に対する意識が同じか

結婚後はともに生活するので、お金に対する意識は同じであることが望ましいです。浪費が激しかったり、ギャンブルが好きだったりと、お金の使い方が荒いと生活に支障をきたす場合も。自分と同じような金銭感覚を持っているか、お金の管理ができるか、相手に借金などの隠し事がないかを確認しておきましょう。

喧嘩の際の態度はどうか

普段、温厚なタイプの人でも、怒ると人が変わる場合もあります。結婚後に相手の豹変した姿を見てショックを受けないためにも、喧嘩の際に相手がどんな怒り方をするかを知っておくと安心です。
感情的になって声を荒げたり、物に当たったりする男性だと、結婚後に苦労することも。喧嘩に関係なく、些細なことで不機嫌になったり、店員さんに威圧的な態度をとったりする人にも注意しましょう。
お互いに違う環境で育ってきているため、意見が異なり喧嘩に発展してしまう場合はあります。大切なのは、そのズレを感じた時に相手の話を聞き、良い点は受け入れる柔軟性があるかどうかです。    

結婚の決め手を参考にふたりの未来を考えてみて

笑顔のカップル
結婚の決め手は人それぞれですが、なかなか結婚に踏み切れないのなら既婚者の声を参考にし、結婚について真剣に考えてみるのも良いかもしれません。ふたりが一緒になった時を想像したり、相手の良い部分を改めて確認したりするのもおすすめです。結婚の決め手となるものを自分で見つけて、ふたりの未来を切り開いてくださいね。

婚約指輪・結婚指輪の相談ならフェスタリアへ

RELATED