SEARCH

コラム

2021.11.29

【骨格・顔タイプ別】ウエディングドレスの選び方。それぞれに似合うデザインとは

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • like

ウエディングドレスには、さまざまなデザインがあり、どのデザインが自分に合うのか悩む人が多いようです。この記事では、骨格別のウエディングドレスの選び方を始め、顔タイプ・パーソナルカラーごとにもおすすめのウエディングドレスを紹介します。それぞれ自分のタイプを見極めて、自分に似合うドレスを選んでくださいね。

骨格タイプの特徴

骨格診断別体型の種類
骨格タイプには、ストレート・ウェーブ・ナチュラルの3つのタイプがあります。まずは、自分がどのタイプなのか見ていきましょう。    

骨格タイプ:ストレート

骨格ストレートのスタイル
ストレートタイプは首がやや短めで、肩回りに厚みがあるのが特徴です。手首が細く、肌にハリと弾力があり、鎖骨はあまり目立ちません。鳩胸の人が多く、横から見ると立体的です。バストからウエストまでの距離が短く、腰の位置は高め。そのため立体的なヒップの人が多いです。膝上は太めですが膝下は細いためメリハリのある足も特徴的です。

骨格タイプ:ウェーブ

骨格ウェーブのスタイル
ウェーブタイプは全体的に華奢な印象。細長い首が特徴で、肩まわりは華奢で薄く、細めの鎖骨が見えます。バストはややえぐれたように、鎖骨からつながっているように見えます。大きくなだらかな曲線のウエストラインも特徴で、腰の位置は低めです。そのためウエストから腰の位置までは少し距離があります。
ヒップは平面的で、背中からなだらかな曲線になっています。太ももは細く、膝下に肉がつきやすい傾向にあるため、膝が出ている人が多いです。手首の幅が広いですが、厚さは薄いです。

骨格タイプ:ナチュラル

骨格ナチュラルのスタイル
ナチュラルタイプは筋がしっかりと見える長い首が特徴で、鎖骨もはっきりとしています。鎖骨から直線的なバストの人が多いです。ヒップは平面的ですが、骨盤に厚みがあります。足はアキレス腱や脛の骨が際立ち、膝の皿が大きめです。骨がしっかりとした手首も印象的。ナチュラルタイプの人の場合、肌の質感やバストの大きさ、ウエストラインには個人差が見られます。

【骨格別】ウエディングドレスの選び方

自分の骨格タイプがわかったら、そのタイプに似合うウエディングドレスを選びましょう。骨格別に似合うウエディングドレスを紹介します。    

ストレートタイプは縦のラインを強調するドレスを選ぶ

Aラインドレス
ストレートタイプには縦のラインを強調するAラインやスレンダーなどのドレスがおすすめです。素材はサテンやミカド、厚手のレースなど、高級感のあるものが似合います。上重心のため、ビスチェやデコルテのあいたオフショルダーなど首を長く見せられるドレスが良いでしょう。装飾は少なめでスッキリとしたドレスを選んでくださいね。

ウェーブタイプは華やかなドレスを選ぶ

マーメイドドレス
ウェーブタイプには華やかなドレスが似合います。ウエストのくびれを強調できるプリンセスラインもしくは、全身の曲線美を強調するマーメイドがおすすめ。細長い首の人には、ネックラインやデコルテにデザインのあるドレスも似合います。素材はチュールやオーガンジーなどのやわらかいものを選んでみてください。腕やデコルテにふんわりとしたレースのあるドレスも良いでしょう。

ナチュラルタイプはカジュアルなドレスを選ぶ

エンパイアデザインのドレス
すらりとしたスタイリッシュなラインのナチュラルタイプには、カジュアル感のあるエンパイアデザインがおすすめ。細身のシルエットを活かせるスレンダーやAライン、スタイルのよさを引き立てるマーメイドも似合います。シフォンやチュール、オーガンジー、クレープなどのナチュラルな素材が肌馴染みが良いでしょう。鎖骨を強調できるVネックやビスチェも選んでみてくださいね。

【顔タイプ別】ウエディングドレスの選び方

顔にもキュート・アクティブキュート・フェミニン・エレガント・ソフトエレガント・クール・クールカジュアル・フレッシュなど、8つのタイプがあります。ここでは顔のタイプの特徴と、タイプに似合うウエディングドレスを紹介します。    

キュートタイプには可愛いドレスがおすすめ

リボンのついたウエディングドレス
丸顔や面長など、少し平面的な顔立ちのキュートタイプ。目や頬、唇など、顔のパーツに曲線があるのも特徴です。そんなキュートタイプにはリボンやフリルがついた可愛いデザインのドレスがおすすめで、デコルテの開いたドレスも似合います。Aラインなどもうしろにリボンやフリルがついたデザインを選びましょう。

アクティブキュートタイプにはボリューミーなドレスがおすすめ

ボリュームのあるウエディングドレス
アクティブキュートはキュートタイプと同じ顔立ちで、キュートタイプよりもパーツが大きめで目力があるのが特徴。ボリュームのあるドレスで、デコルテの開いたものがおすすめです。ミニ丈ドレスも似合います。    

フェミニンタイプには上品な印象のドレスがおすすめ

シンプルなウエディングドレス
フェミニンは卵型のような少し長めの丸顔で、目や頬、唇など、顔のパーツに丸みがあるのが特徴。ぱっちりとした目元が印象的な顔立ちです。品のある大人の女性の雰囲気の人が多く、上品でクラシカルなドレスが似合います。    

ソフトエレガントタイプには繊細なレースのドレスがおすすめ

レースのウエディングドレス
ソフトエレガントには卵型や面長、少し長めのベースのような顔立ちの人が多いです。涼やかで優しい目元が印象的で、繊細レースやチュール、ソフトなシルクサテンを使ったドレスが似合います。上品な刺繍タイプのドレスもおすすめです。  

エレガントタイプには華やかなドレスがおすすめ

フリルが大きめのウエディングドレス
エレガントタイプはソフトエレガントに似た顔立ちで、上品で華やかな雰囲気を纏っています。ソフトエレガントよりも顔のパーツが大きめ。特に目元が印象的です。
エレガントタイプには大きなフリルのついた華やかなドレスがおすすめです。優雅な曲線のフリルが華やかなエレガントタイプに良く似合います。ハリや光沢感のあるシルクサテンやミカドシルクなど、上質な素材のドレスを選びましょう。

クールタイプにはかっこいいドレスがおすすめ

Vネックのウエディングドレス
クールタイプは縦長のベース型や面長で、パーツが大きくキリッとしているのが特徴で、スタイリッシュな印象。Vネックなどのスタイリッシュでかっこいいデザインのドレスが似合います。

クールカジュアルには飾りの控えめなシンプルがドレスがおすすめ

直線的なウエディングドレス
クールカジュアルはベース型や逆三角形、面長の顔で、パーツが小さくキリッとしています。ボーイッシュな魅力を持ち合わせているため、直線的でスタイリッシュなドレスが似合います。素材は適度にハリのあるものが良いです。飾りは控えめでシンプルなドレスを選んでみてください。

フレッシュタイプにはカジュアルな雰囲気のドレスがおすすめ

カジュアルなウエディンドレス
フレッシュタイプは丸顔や少し短めのベース型の顔で、涼やかで優しい雰囲気の目元が印象的。かわいいというだけではなく、爽やかで親しみやすそうな雰囲気も持ち合わせています。
フレッシュタイプには、シンプルなドレスにさりげなくフリルやレースを取り入れたドレスが似合います。カジュアルな雰囲気のドレスを選びましょう。

【パーソナルカラー別】ウエディングドレスの選び方

ウエディングドレスにも純白・アイボリー・オイスターホワイトなどの色があり、パーソナルカラーごとに似合う色が異なります。また、お色直し時のカラードレスに悩む人も多いようです。最後にウエディングドレスのカラーの選び方を紹介します。    

【スプリング】アイボリーと明るいカラーのドレス

ピンクのドレス
スプリングタイプは肌の色が明るめのベージュまたはクリーム系。皮膚は薄めで、瞳が茶色の特徴があります。
スプリングタイプには、アイボリーの色のウエディングドレスが似合います。カラードレスの場合は、サーモンピンクやペールサーモン、ブライトイエロー、スプリンググリーン、ミントブルーなどの明るいカラーのものがおすすめです。

【サマー】ソフトホワイトとパステルカラーのドレス

ブルーのドレスを着た女性
サマータイプは、ふんわりとしたピンク系ベージュの肌色。頬が赤みを帯びたピンクで、ソフトな黒~こげ茶の瞳をしています。
サマータイプには、ソフトホワイトのウエディングドレスがおすすめです。カラードレスは、ラベンダーやパウダーピンク、ライトレモンイエロー、パウダーブルー、パステルブルーグリーンなどの明度の高いやわらかなパステルカラーが似合います。

【オータム】オイスターホワイトと落ち着いた色のカラードレス

ブラウンのウエディングドレス
オータムは黄味がかったベージュ系の肌色で、ダークブラウンの瞳が特徴。オータムタイプには、かすかにベージュを感じるオイスターホワイトのウエディングドレスがおすすめです。カラードレスはブラウンやカーキ、サンフラワー、ピーチ、ビタースイートレッド、ティールブルー、ターコイズグリーンなどの落ち着いた色が似合います。

【ウインター】純白と華やかな色のカラードレス

ブルーのウエディングドレス
ウインタータイプは白い肌もしくは青黒い肌色で、黒目がハッキリとした瞳が特徴。ウインタータイプには純白のウエディングドレスが似合います。カラードレスはロイヤルブルー、レッド、エメラルドグリーン、ディープホットピンク、レモンイエローなどの華やかな色のドレスがおすすめです。  

自分に似合うドレスを知り、選ぶときの参考にしよう

ウエディングドレスを選ぶ女性
ウエディングドレスには、さまざまなデザインがあります。まずは自分の骨格タイプを知り、どのラインのドレスが似合うか知りましょう。さらに、顔タイプに応じてデザイン、パーソナルカラーに合わせて色を選び、自分に似合うドレスを選んでみてください。

RELATED